記事

仕事がうまくいかない人が、やるべきことは「価格競争」ではなく「差別化」

<お知らせ>【登録者数1700名突破!】毎日ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。

コロナショックによって、マーケットのパイが縮小し、生き残れるプレーヤーの数が減っているマーケットがあちこちに増えています。

外食する人が減れば、飲食店の競争は激化して、撤退するお店が増えてきます。宿泊ビジネスの市場規模が小さくなれば、ホテルや旅館の中には廃業したり倒産せざるを得ない施設が出てきます。

そんな縮小する市場の中で生き残るには、2つの方法しかありません。

価格競争か差別化の二択です。

売り上げが伸び悩むと、価格を下げて対応しようとする企業があります。巨大なマーケットで大きなシェアを握る大手企業ならともかく、個人事業主や中小企業は取るべき戦略ではありません。

マーケットシェアが大きく取れなければ、価格を下げても、利益が減少するだけに終わってしまうからです。

それよりも、差別化を進めることにより、他の人たちには提供できない「希少性」を提供することの方が、圧倒的に重要です。

自分しか提供できない価値があれば、ライバル企業と比較されることもありませんから、価格競争に巻き込まれることもありません。

では、そのような価値はどうすれば生み出すことができるのでしょうか?

競争の激しいマーケットで、他の人にない価値を生み出すことは簡単ではありません。

そこで考えるべきなのは「ニッチ戦略」です。ニッチというのは隙間(すきま)のこと。広いマーケットで1番になろうとせず、特定の狭いマーケットで1番を狙う戦略です。 

例えば、先日出かけた青山にある和食のお店は、囲炉裏での炭火焼にフォーカスすることで、他の和食店との圧倒的な差別化に成功していました。

炭火で絶妙の焼き加減で出されるジビエや天然の鮎を求めて、お客さんが集まってきます。和食の名店は日本中にたくさんありますが、真っ当に勝負をしても勝ち目はありません。

ニッチな分野で勝負することで、予約が取れないお店になりました。狭い分野での差別化で、一流店と互角の戦いができるようになったのです。

とにかく、小さくてもいいから、どこかの分野で抜きん出ること。

コロナショックで仕事が無くなったり、忙しいのに単価が低くて全然儲からないという状態に陥ってしまうのは、オンリーワンの価値提供ができていないからです。コロナのせいにしてはいけません。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年6月18日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「中小企業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

  8. 8

    YouTubeで激変 芸能人第二の人生

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  10. 10

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。