記事

【速報】小野たいすけ第一声〜キャッチフレーズだけの政治から、本当に都民のためになる政治へ

1/2

お騒がせしております。
東京都知事候補として立候補しました。小野たいすけでございます。46歳。熊本から出てきました。

私がなぜ東京都知事候補として名乗りを上げたのか。それは地方からみていても東京はこのままでいいのだろうかという意識があったんです。

小池都政、キャッチフレーズで耳障りのいいことを言って4年前、大旋風を巻き起こしました。しかし4年経って成果が出たのでしょうか。

ほとんど出ていない。ペットの殺処分だけなんですね。
そういう中でコロナ禍で東京は苦しんでいる。感染者の押さえ込みが一番うまくいってないのも東京だと思います。それはこの新宿もそうですけれども、的確なピンポイントのコロナ対策をして、そして、それ以外も東京の街は経済を最重視してですね、復活をさせる。そういう体制ができていないのだと思います。

レインボーブリッジが赤くなって漫然と都民を不安にする。そのことによって経済全体が冷え込んでしまう。このような対策をしていては東京は死んでしまいます。しっかりとした対策を打ち出していく。

東京と地方を循環して日本を元気に

そして私がやっていきたいことはキャッチフレーズではないので、非常にわかりやすいものではないですが、東京中心にこれから日本を元気にしていくということです。そして逆に東京が地方を元気にすることで東京もまた活力を取り戻すということです。

熊本で地方行政をやっていて、東京に若者がどんどん流出してしまうこの状況、これを何とか止めないと、日本全体が沈んでしまうと。いま地方に行くと若者がいません。そして東京に行ってしまいます。でも東京に行くと、みなさんなかなか暮らしにくい環境なので、子どもを生みません。ですので人口減少が起こってしまうんですね。

このためにこれからは東京から東京の感覚を持って地方が活性化するような投資をする、あるいは地方に見込みのあるビジネスがあれば投資をするというようなことを東京が積極的にやっていく。そのことによって地方も持続可能となり、そしていまインバウンドがなかなか期待できない状況では、地方から人が来る。そして東京から地方へまた人が行く。お金とモノと人の循環を進めなければいけない。そういった構造も作りたいと思っています。

そしてまた東京の中も変わらなければいけません。ほとんど人間も含めて東京の周辺から丸の内やこの新宿、渋谷中心に蹂躙するような構造が放置されています。そのことをあらためて、東京にも主要な都市が周辺にたくさんあります。いまテレワークも進んでいます。チャンスなんです。その環境の変化を生かして、それぞれのサテライトの都市で、しっかりと仕事ができて、そして子育てもできて…私は子育てもしてますが、介護の世代でもあります。そういった方々が安心して働ける地域でしっかりとやっていける環境をつくりたい。そのように考えています。

このようなビジョンを、この都知事選で共有をしながら戦っていく。このようなことができるのは私だけだと思います。ほかの選挙、みなさんはわかりやすいキャッチフレーズで闘います。4年前の小池都知事もそうです。7つのゼロ、それを実現したいとおっしゃっていましたが、その一つひとつが、皆さんの暮らしかた、そして東京の構造、持続的な発展にどうつながっているのか、そのことについてのコンセプトがありません。

キャッチフレーズだけの選挙から、皆さんと真剣に考える選挙に

ですが私は明確に、理解するのは一言では難しいかもしれない。でも一人ひとりの都民の皆さんが考えて東京の将来をどうするのか、コロナ対策はどのように切り抜けていくのか、しっかりと論戦を張って、やっていきたいと思います。

キャッチフレーズだけの選挙はもう終わりにしなければいけません。
もちろん10万円を配るですとか、あるいは何々をゼロにする、フリーにする、そういったキャッチフレーズはわかりやすいですけど、そういう選挙がいままで行われてきて、何か私たちの社会はよくなったのでしょうか。しっかりと丁寧にみなさんと顔を見て付き合わせて丁寧に論じていく。そして有権者の皆様方も一人ひとりの候補者が何を言っているのか、それが本当に将来のためになるのか、ということを真剣に考えて、行動をしていきたいと考えています。

私は今までの政治家と同じことをやるつもりはありません。わかりやすさだけで勝負しようとか、それから勢いだけでやれとか。毎日私もいろんなことを言われます。なにせ私が東京に出てきたのはわずか9日前です。9日前に一人で乗り込みましたが、このように日本維新の会の仲間ができ、そして多くの皆様に支えられています。わずかここまで9日間の体制で戦えるようになった。そのこと自体が私に対して、そして新しい政治のやり方に対して期待を持っている人が多いのだと、思っています。

いままでのように耳障りのいいキャッチコピー。そのことを叫べば勝ってしまう。そういう民主主義を今こそ日本は変えていかなければと考えています。

私は全くの無名です。おそらくまだまだ知らない人のほうが多いと思います。

あわせて読みたい

「都知事選2020」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。