記事

フィッチ、インドの見通し「ネガティブ」に コロナが経済に打撃


[ムンバイ/ベンガルール 18日 ロイター] - 格付け会社のフィッチは18日、インドの格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。新型コロナウイルスの感染拡大によって、経済に悪影響が及んでいると指摘し、今年度(2020年4月─21年3月)の成長率をマイナス5%と予想した。

フィッチは「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)は、今年のインドの成長見通しを著しく弱め、高水準の公的債務負担という問題を顕在化させた」とした。格付けは、投資適格等級で最も低い「BBBマイナス」で据え置いた。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは今月初めに、インドの格付けを投資適格等級で最低に引き下げ、見通しをネガティブとした。その後、S&Pグローバルレーティングは、格付けを投資適格等級で最低で据え置き、見通しは安定的を維持した。

フィッチは2021/22年度の成長率を9.5%と予想。ベース効果が成長率を押し上げる。新型コロナ対策のロックダウンが段階的に緩和される中、感染者数が増加し続けており、成長予想はかなりリスクをはらむと説明した。

格付けの観点では中期的な財政見通しが特に重要だが、これも不確実性が高く、国内総生産(GDP)の伸び率や政府の政策方針次第になると指摘。

財政の指標はかなり悪化しており、公的債務の対GDP比率は昨年の71%から今年は84.5%に上昇する見込み。同程度の格付けの国の2020年の中央値(52.6%)を大幅に上回ると述べた。

中期的な成長率見通しについては、銀行部門の資産の質を巡る問題の再燃、ノンバンク部門の流動性問題が下押し要因となり、銀行への追加資金支援は不可避と予想。

「当社が以前予想した通り、インドが6─7%の成長を再び維持できるようになるかは、パンデミックの持続的影響、特に金融部門への影響次第となる」とした。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

  10. 10

    東京都で新たに565人の感染確認 28日連続で前週の同曜日を下回る

    ABEMA TIMES

    09月19日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。