記事

福井県おおい町を訪ねて(下)

◆大飯原発の近くにて
 午後0時25分,コミュニティバスは終点の塩浜海水浴場前に到着した。南に開けた塩浜海水浴場の砂浜では,数人の海水浴客が泳いだり,テントを張って休んだりしていた。

 塩浜海水浴場は細く突き出た岬の中ほどにあり,岬を挟んだ反対側にも海水浴場やオートキャンプ場がある。のどかな風景の中,岬を横断して反対側の海水浴場に向かう。道路の左手に濃い緑の山が見えた。この山の裏側に,大飯原発のプラントが4基隠れている。
リンク先を見る
【写真】岬を横断する道路。左手の山の裏に大飯原発のプラントがある 反対側の海水浴場に出た。砂浜では,数人の家族連れが海水浴を楽しんでいた。その海水浴客が遊ぶ海の先に,灰色の建物やクレーンが見えた。大飯原発の関連施設だ。ここからも原子炉の建物は見えなかったが,間近にあることは実感できた。近くにはキャンプ場があり,大勢の家族連れがテントを張って休暇を楽しんでいるのが見えた。
リンク先を見る
【写真】大飯原発の関連施設

 半島に入って気づいたことだが,先述の県道や海水浴場前の駐車場では,県外ナンバーの自動車をよく見かけた。県外ナンバーの多くは「京都」「和泉(大阪府)」「神戸」「姫路」など,関西の大都市圏のものだった。おおい町に限らず,福井県西部一帯は自動車を使えば,京阪神地区から2~3時間程度で行くことができる。「原発銀座」と呼ばれる一帯は,大都市圏の住民が気軽に楽しめるリゾート地のひとつでもあるのだと知った。

 塩浜海水浴場に戻り,海岸沿いの道路を歩いた。漁港,民宿が建ち並ぶ集落。背後には山,そして大飯原発から延びる送電線。原発周辺の民宿は釣り具の貸し出しなど,観光客向けのサービスも行っているようだったが,最大の顧客は原発で働く社員や下請けの作業員。町民にも原発関連で働く人が多いという。原発が止まれば,仕事がなくなる。だが,大飯原発の安全対策は万全と言えない…。人影のない集落を歩きながら,この町の行く末を思った。
リンク先を見る
【写真】大飯原発に近い集落と港
◆まとめとして――立地自治体の「脱原発依存」
 大飯を含め,全国には50基の原発がある。だが,福島第1原発事故の発生で,今後国内で新たに原発を造るのは,国民感情を含めて非常に難しいと思う。既存の原発も老朽化し,経年廃炉が今後増えていくだろう。真下に活断層の存在が確認された原発も,高い優先度で廃炉になるかもしれない。脱原発依存は,必然性を伴って進んでいくと筆者は考える。

脱原発依存の議論は「代替エネルギーをどうするか」という面では盛んに行われ,国民の大きな関心事になっているように思う。その一方で,歳入の約5割が原発関連で占められているおおい町をはじめ,原発立地自治体の今後まで語られることは少ない。

 既に玄海原発がある佐賀県玄海町や隣接する唐津市では,地元の商工会が原発に頼らない地域振興を模索し始めている。近い将来,原発が減り,なくなっていく可能性を考えれば,各立地自治体は原発を動かすことに腐心するのではなく,産業や雇用を含めて脱原発依存に向けた方針を立てていく必要があると思う。

 ただ,これまで原発に依存してきた体質をどう安定的に転換していくか,という課題が残る。運転停止や廃炉によって原発交付金などが歳入として入ってこなくなれば,各立地自治体は従来の事業を一気に打ち切らざるを得ず,住民の生活にも影響が出る。雇用の受け皿となる新たな産業や地域振興策を創出する準備もできない。

 だから,各立地自治体が脱原発依存を決め,宣言した年から一定期間は「脱依存計画」の策定を条件に,国による交付金の支給を続ける必要があると思う。この交付金は,脱原発依存を目的とし,同計画に基づいて必要な事業は残しつつ,新たな産業や雇用を創出する資金にする。国策によって原発依存体質になってしまったのだから,その改善は国が責任を持って支援する必要があるだろう。ただ,無期限に支給し続けると順調な体質改善にはつながらないので,20年なら20年と,期限を明確に定める。

原発がある未来とない未来。各立地自治体には,どちらが持続可能な将来像なのかを考えて,判断していくことが重要ではないか,と筆者は思う。

*******************

 コミュニティバスは往路と同じ県道を通り,午前中に訪れた「おおい町情報交差点ぽーたる」の前にあるバス停に着いた。筆者はここで少し遅い昼食をとり,お土産を買って駅に向かった。お客さんはやはり少なく,帰り際に入れ替わりで2人入ってきたくらいだった。

午後2時過ぎ,敦賀行きの電車に乗り込んだ。若狭本郷駅を発車してすぐ,左手に先ほど訪れた埋め立て地と,原発マネーを使って建てられたリゾートホテルや観光施設などが見えた。盛夏の太陽に照らされ,よく映えていた。その光景は,この町が今も原発とともにあることを誇示しているかのようでもあった。(おわり)

あわせて読みたい

「大飯原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  6. 6

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  7. 7

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民も警戒 立民の「閣下」とは

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。