記事

全世界が注目! 「小池百合子とゆかいな仲間たち」の戦いの勝者は誰だ

1/2

麹町ファン切望? の候補者分析

7月5日投開票の東京都知事選は、現職の小池百合子知事の圧勝予想が報じられている。新型コロナウイルスの感染者がいまだ2桁に上り、「第2波」の到来も見込まれる中で「都知事選なんて関心ない」「選挙や投票時の“3密”は大丈夫なのか」と思われる人々もいるだろう。だが、コロナ禍で実施されている地方選は少なくなく、告示(6月18日)後は粛々と選挙戦をスタートせざるを得ないのが現実だ。

東京は、ロンドンやニューヨークに倣って、コロナウイルスに最前線で取り組む医療スタッフへの感謝と支援の気持ちを込めて、街のシンボルマークをブルーにライトアップ

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Ryosei Watanabe

メディアによっては小池氏と、れいわ新選組の山本太郎代表による「事実上の一騎打ち」と報じたり、過去2度の都知事選出馬で知名度を高めた元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏を含めた「三つ巴の戦い」にフォーカスを当てたりする記事が見られている。巨大都市・東京の選挙は無党派層が多く、その予想は難しいとされるが、今回は「麹町ファン」が切望しているだろう主要候補予定者の分析と批評をしてみることにした。

小池氏に限らず、現職首長が選挙で強いのは全国的な傾向だ。特に1期目の4年間が終わり、再選を目指す知事は「横綱」と言えるほど優位に立つ。東京都も例外ではなく、初代都知事の安井誠一郎氏が終戦直後の1947年5月から3期12年、次の東龍太郎氏は2期8年、美濃部亮吉氏は3期12年、そして鈴木俊一氏が4期16年と続いてきた。

石原・猪瀬・舛添の3氏が3年間で交代する都民を愚弄した時間

その流れに異変が生じたのは、1995年に第13代都知事に就任した青島幸男氏からで、青島氏は再選不出馬を決めて1期限りで退任。その後登場した石原慎太郎氏は4選まで果たしたものの、任期を約2年半残す中で国政復帰を目指すと突然辞職し、都政の混乱が始まった。

石原氏から後継指名された猪瀬直樹副知事は2012年末の都知事選で史上最多となる434万票を獲得したが、医療法人から5000万円を受領した疑惑が発覚。翌年末に史上最短の在任期間という記録を残して辞任した。その次の舛添要一氏には、出張時の高額宿泊費やファーストクラスの利用、別荘がある神奈川県湯河原町への公用車移動など「政治とカネ」問題が浮上し、次々と報じられた「セコすぎる」対応が世論の反発を招いて約2年での退陣を余儀なくされている。

振り返ると、任期満了に伴う都知事選は2011年以来9年ぶりというから驚くほかない。安定した都政運営や継続性が求められる中、石原・猪瀬・舛添の3氏が3年間で交代するというのは滑稽というよりも、都民を愚弄(ぐろう)した時間になっていたともいえる。

拙厳しい批判は「愛」の裏返しだが、小池百合子は可愛い

さて、そろそろ本題に入ろう。なお、これまでの拙稿を愛読している「麹町ファン」は知っているだろうと思うが、拙稿の厳しい批判の数々は「愛」の裏返しでもあることを理解の上、読み進めてもらえればと思う。

まず、事前の各種情勢調査を見ても現職の小池氏は圧勝する可能性が高いかもしれない。女性初の都知事として女性をサポートする政策や子育て支援策に重点を置き、コロナ対応でも大阪府の吉村洋文知事と並んで国を牽引している姿勢は、世論の支持がかなり高い。小池都政で都の「貯金」にあたる財政調整基金を一時約3000億円も増加させ、コロナ対策を含めた過去最大規模の予算を計上したのも評価できる。だが、なんとなく好きになれない。

カイロ大学の「学歴詐称」疑惑が突如湧いたが、これでもかとアンチ小池派による知事選をにらんだ攻撃が進んだ段階で、6月15日に同大の卒業証書や卒業証明書を公開。8日にはカイロ大が学長名で書類は「カイロ大学の正式な手続きにより発行された」との声明を出しており、それまでの批判を「完封」するだけでなく、相手にブーメランにして返すような「ドS」ぶりも発揮しているのである。卒業書類に添付された学生時代と思われる小池氏の写真にはツイッター上で「えっ、美人」「かわいすぎる!」との声もあるが、そんなことはどうでもいいことだろう。

将来の総理候補「山本太郎」、どうせなら1人100万円を

そうした見方も考慮してか、マスコミは小池氏を「袋叩き」にしている感があるが、それは大メディアに任せるとして、小池氏はとにかくカタカナ語を好むことが多い。すでに忘れかけた英語の語彙力を試されているかのような気持ちに陥る。コロナ禍で自宅学習中の学生諸君には良いのかもしれないが、あれはやめてもらいたい。今回の知事選では「東京大改革2.0」を掲げるようだが、「東京アラート」の赤色といい、エヴァンゲリオンでも意識しているのだろうか。油断して赤面しないことを願うばかりだ。

「将来の総理候補」とも一部から期待される山本氏は、昨年夏の参議院選挙で自身が当選できたにもかかわらず、れいわ新選組として2人の重度障害者の当選を優先させた。約67万票を獲得した参議院選挙東京選挙区(2013年)ではなく、全国比例で出馬して個人名で100万票近くも集めた「革命児的存在」だ。日焼けした肌にがっちりとした体格は格好良いと評判になっている。

脱原発や反TPP、消費税廃止などを唱え、都知事選の公約にも東京五輪・パラリンピックの中止や「全都民に10万円給付」など大胆なメニューを用意している。どうせならば、「1人100万円」と言ってほしかったのは私だけではないだろう。コロナ禍で人通りが減少する中、得意としてきた街頭活動の効果がどこまで表れるかは未知数だが、次期衆議院選挙や来年夏の東京都議選に向けたテコ入れにも期待がかかる。立候補表明した6月15日の記者会見で「(小池氏は)かなり強い。チャレンジャーとして最大限やる」と語った山本氏。「れいわ旋風」とまで評された昨年の勢いは失われ、政党支持率も低位に落ち着く中、どこまで風を吹かせることができるか「モノ言う政治家」の真価が問われる。

あわせて読みたい

「都知事選2020」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    障害者マークのデザイン招く誤解

    古谷経衡

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。