記事

著名人の謝罪の仕方

まあ、私が言うことではないというのを前提として、アンジャッシュ渡部さんのことについて。

今朝、Twitterに書いたものを引用します。

渡部さんが文面だけの謝罪を検討とか。これは政界でいうところの細野豪志パターン。山本モナさんとの時に本人の口からの釈明はなく、ホームページに掲載していることに尽きるとかわしきったということになっている。その後、彼は選挙にも通り続けているところをみると、意外とダメージは少ない謝罪方法なのかもしれない。会見することは誠意を示す最大の方法ではあるが、その映像はずっと使われることになるデメリットもある。最終的に渡部さんがどのようなケジメをつけるのかは注視したいが、一刻も早く何かしらのコメントを出さないと炎はますます大きくなるばかり。謝罪の意思を示すのは一日も早い方がよい。周囲に迷惑と、辛い思いをさせることになる。勇気を出して頑張ってもらいたい。

と朝から思ったわけです。

繰り返しますが、反省の道半ばの私が敢えて言及することではないのですが、社会から袋叩きにあう精神的な辛さを知る者として、渡部さんのことは心配になります。

あわせて読みたい

「渡部建」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  2. 2

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  3. 3

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  4. 4

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  5. 5

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  6. 6

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。