記事

新型コロナの「効果的治療法」、米医療従事者に懐疑的な見方も


[16日 ロイター] - 米国の医療従事者は、16日に発表された新型コロナウイルス感染症に効果的な治療について、期待を抱きながらも懐疑的な見方を示した。新型コロナの有力な研究結果が最近撤回されたことに言及し、データを見て確認したいと述べた。

世界的に新型コロナの治療薬やワクチンの開発が急がれる中、研究結果を報告する手順も速まっているが、治療法に効果があるのかどうかを巡り混乱が生じている。今月は新型コロナの有力な治療法として英医学誌「ランセット」で発表された研究結果が、データへの懸念から撤回された。

一方、英国の研究チームは16日、ステロイド系抗炎症薬の「デキサメタゾン」の投与で新型コロナ感染症の重症患者の死亡率が約30%低下したと発表。極力早く研究の詳細を公表できるように尽力すると述べた。

ハーバード大学の関連機関であるマサチューセッツ総合病院で集中治療室の局長を務めるキャサリン・ヒバート医師は「これまでも落胆したことはある。研究結果で喜び、データが公表されると、それほど説得力がないということは、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)中だけでなくそれ以前からあった」と述べる。

ヒバート氏は、データが公表されれば研究結果を吟味し、どの患者が最も恩恵を受け、どの投与量だったかを知ることができると指摘。「研究結果が本当だったことを非常に期待している。患者を助ける上で大きな前進となる」とした上で、現時点で治療法を変えることはないと話した。

ニューヨーク州最大の医療システム、ノースウェルス・ヘルスで副医長を務めるトーマス・マッギン医師は、ステロイドは免疫力を抑えると警告。ノースウェルス・ヘルスでは個々の状況に応じてステロイドを使っているという。「研究結果が撤回されるようなことがある昨今、今回の研究もよく検証する必要がある」とし、「実際のデータを見るまで待つ。査読を経たか、信頼性ある出版物に載るかを見る」と述べた。

ワシントン大学のマーク・ウルフェル医学教授は、研究結果を正式に発表する前にデータを公表するように呼び掛けた。「われわれの患者数と照らし合わせ、われわれの患者の治療に適切かどうかを判断する上で非常に助かる」と語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    旅先で10回入店拒否 GoToに懸念

    PRESIDENT Online

  4. 4

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  5. 5

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  6. 6

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  7. 7

    東証大規模障害 富士通が調査中

    ロイター

  8. 8

    松田聖子 過去曲歌唱めぐり持論

    SmartFLASH

  9. 9

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  10. 10

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。