記事

台湾、22日から入境規制を緩和 低リスク国のビジネス客受け入れ


[台北 17日 ロイター] - 台湾は17日、来週から新型コロナウィルス対応での入境規制を緩和すると発表した。

台湾では保健当局の迅速な対応で感染は抑制されており、全面的なロックダウンには至らなかった。現在では生活面での規制はほぼ撤廃、3月半ばから続く他国からの入境規制が残っていた。

中央感染症指揮センター(CECC)によると、22日からニュージーランド、オーストラリア、ベトナム、タイなど感染リスクの低い国からのビジネス客の入境が可能となる。またリスクが中-低程度と判断した韓国、日本、マレーシア、シンガポール、香港、マカオからも認める。

入境する際は、感染していないことを確認する検査結果や滞在先、招へいした企業などを告知させる。14日間の検疫が必要だが、費用を自己負担して検査を受けネガティブとなった場合はその期間の短縮も可能だ。

台湾ではこれまでに445例の感染を確認。大半は海外での感染で、死者は7人となっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  10. 10

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。