記事

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の音楽が、35年を経て再度ヒット中

『バック・トゥ・ザ・フューチャー サントラ楽曲集』ジャケット写真(Courtesy of ユニバーサルミュージック)

日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」の視聴者リクエスト企画第二弾で12日に放映された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が14.5%の高視聴率を記録。放送開始直後から、Twitterで「#バックトゥザフューチャー」祭りが始まり、関連ワードが多数トレンド上位入りした。そんな中、音楽も映画公開から35年を経て再度ヒットしている。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は1985年に公開されたアメリカのSF映画。全米でフューチャー現象と呼ばれるブームが生まれ大ヒット。また、同年のアカデミー賞では音響効果賞を受賞するなど音楽面でも高い評価を受けた。

今回TVでの放送により、その音楽に再度注目が集まっている。映画のサウンドトラックを集めたプレイリスト『バック・トゥ・ザ・フューチャー サントラ楽曲集』が、放送後Apple Musicのプレイリスト・ランキングで最高6位と急上昇。

ストリーミングの再生回数がそれまで1日平均約200回だったが、放送当日は2万回を超え、翌13日には3万回を突破。主題歌であるヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「パワー・オブ・ラブ」も1日平均約1,000回が、放送当日は8,000回を超え、13日から2日連続で1万回再生を突破した。

通常、ストリーミングのチャートは若者向けの新曲で占められているが、80年代の曲が今回のようにチャート上位にくるのは異例。当時、リアルタイムで観ていた層がテレビを観てあらためて音楽を聴きたくなっただけではなく、今回の地上波放送をきっかけに映画を初めて見た若い層も感動して音楽を聴きたくなったことが推測される。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は今週金曜にPART2が、来週にはPART3が放送予定。
●ヒューイ・ルイスが振り返る、「パワー・オブ・ラブ」の制作背景
●マイケル・J・フォックスが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を語った、1985年の秘蔵インタビュー
●誰もが弾きたくなった「ジョニー・B・グッド」、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』名シーンを回想


『バック・トゥ・ザ・フューチャー サントラ楽曲集』

試聴・購入:https://umj.lnk.to/back-to-the-future

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    原則自宅療養の方針に橋下徹氏が懸念「国と地方で責任の押し付け合いがはじまる」

    橋下徹

    08月03日 21:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。