記事

南北共同連絡事務所の爆破は「韓国に対する北朝鮮軍のメッセージ」…強硬姿勢はしばらく変化なしか

1/2


 きのう午後、南北融和の象徴として2018年に北朝鮮の開城工業団地に開所された「南北共同連絡事務所」が北朝鮮によって爆破された。去年3月に北朝鮮側の全職員が撤退しており、今年1月からは新型コロナウイルスの影響で閉鎖中だったが、金正恩委員長の妹・金与正氏が13日に「遠からず跡形もなく崩れる悲惨な光景を見ることになる」と語っていたことが現実になった格好だ。

 17日、北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は、開城の南北共同連絡事務所を爆破した様子を写真入りで伝え、韓国の脱北者が金正恩委員長を批判するビラを撒いたことに対する報復措置であることを強調。その上で、韓国政府の対応により次の報復措置の強さと時期を決めると警告している。
   
 さらに北朝鮮は9日に南北間のすべての連絡ルートを遮断したほか、韓国との軍事境界線にある非武装地帯に軍を進める計画があるとも警告している。

 今回の爆破について、北朝鮮の動向や朝鮮半島情勢に詳しい聖学院大学教授の宮本悟氏は「日本ではあまり注目されていなかったが、実は3月にも韓国のことをものすごく批判していたので、強い行動に出る可能性はあった。逆に、今までよく我慢していたというくらいの状態だった。そして今になった理由は、先月23日に党の中央軍事委員会が開催され、総参謀部が前面に立って韓国、アメリカに対する対決姿勢を出すという決定がなされたからだ。だから“脱北者が云々”というのは口実に過ぎない」と説明する。

 「北朝鮮軍に韓国や日本を占領する軍事力はないので、本格的な戦争をすることはできないが、実は人民に気を遣う国でもあるので、韓国側の行動に対する怒りを示すため、このような強い態度に出なければいけない状況に置かれているのだと思う。今回は駆け引きによって譲歩を引き出したいというものではないと思う」。
 また、今回の爆破について金与世氏の存在がクローズアップされていることに対しては、「軍を率いる権限はないし、党中央軍事委員会にも参加していない。そして、3月に“第一副部長”に任命されたという報道があったが、これがどの部の第一副部長なのか、実は今でも分かっていない。ただ、これはほぼ間違いなく対南工作の部門だと考えられる。つまり韓国に対して強いメッセージを送る権限はあるわけだ。軍が韓国に対する強い態度に出ると決まったことを、メッセージとして伝えているに過ぎないと思う」との見方を示した。
 一方、“メッセージ”を送られた側の韓国大統領府は「強い遺憾」を表明、「北朝鮮が状況をさらに悪化させた場合、強力に対応することを厳重に警告する」とコメント。また、韓国国防省は「北朝鮮が軍事的挑発行為を敢行するなら、韓国軍はこれに強力に対応する」としている。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  6. 6

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  8. 8

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    田原氏 菅首相の行政改革に期待

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。