記事

東京都知事選挙、宇都宮健児さんを「最も強力に応援する」ことで一致

1/2

 福山哲郎幹事長は16日、国会内で定例の会見を開き、同日開催の常任幹事会について報告。東京都知事選挙では、宇都宮健児さんが政党に対する推薦要請をしない事情に鑑み、「最も強力に応援する」ことで一致したと説明しました。

 また、組織規則・パートナーズ規則の改正の確認。代表選規則については条文化作業を終えてはいたものの緊急事態宣言下で3蜜を避け会議ができていませんでしたが、今回、対面での常任幹事会が開催されたことを受け、条文化したものを了とし、明日の両院議員総会に諮ると説明しました。なお、今年9月に任期を迎えることから、7月下旬を目途に代表選の方法については決定することになりました。

 記者からの主な質問とその回答(要旨)は以下のとおりです。

Q:イージス・アショア配備計画の停止について、今回の防衛省の説明に対し自民党内からも批判の声が相次ぐ事態のなか、日本の安全保障政策を考える上で、どういった問題点や危惧があると考えるか

 まず、この時期になぜ突然発表したのか、非常に疑問に思わざるを得ません。

 参院決算委員会が終わった後(の発表)ということは、国会で追及を受けたくなかった(のではないか)。

 それから、終盤国会であることも含め、安全保障の根幹に関わる議論であるにも関わらず、このような発表の仕方であったことは非常に遺憾に思います。

 2点目は自民党内からも異論が百出しています。

 自民党内でイージス・アショアの導入をかなり強引に決めました。中期防衛力整備計画にも入っていないものを無理やり入れて、予算立てをし、もうすでに予算も1000億円規模で執行してるという話もあります。

 そういった状況の中、突然やめたことで、安全保障上これまで言ってきたこととの整合性が取れるのか、ブースターがコントロールができないことでやめるという話をされていますが、アメリカとの協議がどのような状況であったのか、なぜこれまで大丈夫だと何の根拠で国民に説明していたのか、疑問は尽きません。

 一方で、日米安保条約上の関係、アメリカとの関係で導入を決めたとすれば、先ほどのブースターの問題とは違う大きな意味での安全保障上の問題で、アメリカとこの件について政府間同士で一定のコミュニケーションがあったのかどうかも、いまだにわからない。いま朝鮮半島は南北間で緊迫の度合いが増しておりますので、そのことも含めて、政府としてどのような形で日本の安全保障の状態を説明するのか。

 イージス・アショアではない状況でミサイル防衛に関して検討しているのか、もしくはいま安全だという言えるのか。安全だということであれば、これまで言ってきた説明とは矛盾したことになるわけで、そのことについても説明を求めていきたい。

 われわれは秋田の市民生活のど真ん中にあのようなものを設置することは、地域住民や県知事等の声もあり反対してきたので、白紙になったことは了としますが、自民党の安全保障政策、政府の安全保障政策全般に疑問を生じざるを得ないので、しっかりと説明を求めていきたい。

Q:山尾志桜里衆院議員が記者会見をし、国民民主党への入党を届け出たということを発表された。今国会中に立憲民主党を離党、会派にとどまっておられたが、同じ国会中に同じ会派内の別の党に入党申請を出すという対応・行動について、どのように思われるか。もう一点、国民民主党に対してどのような対応を求めたいか

 率直に言って、驚きました。

 一方で、国民民主党に入党届を出されたのか、事実関係はあまりわかりませんが、出された直後に、お電話をいただきました。

 国民民主党側から、立憲民主並び福山幹事長に仁義を切ってきたかと言われ、入党届を出してからお電話をいただいたようなので、私は事情も何もわかりませんので、いまお電話をいただいて入党届を出してきましたと言われても、なんともコメントしようがありませんと申し上げました。

 それ以上でもそれ以下でもありません。

Q:東京都知事選に関して、須藤元気議員が自身のツイッターで「個人的に山本さんを応援しています」と発信。その後、本日、「都知事選で支持する候補者の違いを党と僕との間で再確認しました。今後どうするかもう一度考えてみます。」とのツイートをされたが、須藤議員に対して何らか注意を行ったりしたか。また、国民民主党が自主投票を決め、山本太郎さんも出たことで、野党共闘の輪が少し想定したものと変わってきてる部分もあると思うのですが、どのような影響がありそうか

 須藤議員ですが、最初のツイートとご紹介いただいた2つ目のツイートが事実関係としてはそういうこと。須藤議員とは話し合いはしました。立憲が宇都宮健児さんを支持をした理由・経緯等についても説明をしました。

 それで「考えてみます」というツイートになったと理解をしております。今後のことについては、また話し合う機会があるかもしれません。

 それから野党共闘ですが、宇都宮健児さんの支援を決めさせていただいたのは、当然ですが山本太郎さんが出馬表明をするかなり前のこと。宇都宮健児さんで野党共闘が構成されればいいと思っていましたが、国民民主党はそこは難しいので自主投票にしていただいたと、国民民主党の対応に一定の配慮があったと思っています。それぞれの政党の事情があり、同じ政党ではないので、それはあっていいことだと思います。

 そのことも終わった後に、山本太郎さんが立候補を表明されたので、立候補にとやかく言う必要はないと思いますし、立候補は自由だと思いますので、それは結構なことだと思います。

 しかし一方で、野党共闘が崩れたか崩れていないかは、そもそも宇都宮さんで野党共闘でやれればいいと思っていましが、結果として山本さんが立つことで、かなわなくなった現実はありますが、だからといって何らかの影響があるとかではないと思います。

あわせて読みたい

「都知事選2020」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。