記事

記者がインフルエンサー販促の片棒?

1/2

新型コロナウィルス のパンデミックがデジタルメディアに及ぼす影響で明らかになったのは、広告収入頼みの経営は脆弱だということです。

前回の拙ブログでは、生き残るには収入源の多様化が大事だという主張を紹介しました。その柱の一つはまあ、当たり前ですが有料購読者の獲得です。

それをどうやって実現するか?テキサス州ダラスの日刊紙ダラス・モーニング・ニュース(Dallas Morning News=DMN)は、自社の記者を「インフルエンサー」に見立てて、有料電子版への加入を勧誘するというユニークな実験に取り組んでいます。

DMNでは、多くの記者がツィッターで発信しているようで、各自にはそれなりのフォロワーがいます。そして記者は自分の”守備範囲”については詳しいはずだから、インフルエンサーに見立てて、マーケティングに協力してもらう、という考えです。4月21日にスタートしました。

その一人、コロナウィルス 関連の記事を書いているMallorie Sullivan記者の投稿はこれ。

<DMNをサポートし、私をローカルニュースのインフルエンサーの形になれるよう助けてくれますか?リンク先に行って、プロモーションコード「MALLORIE」と入れたら、デジタル版が1ヶ月無料になります>

試しに私もリンク先に行ってみました。すると、まずこんなページが出ます。


<本当のローカルジャーナリズム>「コミュニティの信頼できる情報を得るために訪れる場所は少ない。その信頼できる情報を北テキサスの市民に提供するのが我々の使命だ。(中略)あなたがメンバーとなり、我々の重要な使命を支持してくれることを望みます。1ヶ月無料のコードを必ず使ってください。1ヶ月終了後は3ヶ月で25.87ドルです」

ということで、名前、住所、メルアド、支払いカードの選択、最後に例のコード<MALLORIE>と記入して終了。(ですが、カード情報をパスしたのでメンバーにはなっていません)

これを報じたNiemanLabの記事によると、この記者を”インフルエンサー”にというアイディアはデジタル関連のアイディアや実験を議論する「digital cabinet」という社内横断的なグループが発案したとのこと。

運動部長がこう言ったそう。「運動記者は読者と(ソーシャルメディアで)ユニークな関係を持っているので、これを試すには完璧な場所になりうる」

あわせて読みたい

「メディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  5. 5

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  6. 6

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  7. 7

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  8. 8

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  9. 9

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。