記事

米国民の大半、コンテンツ掲載の判断でSNS企業信用せず=調査


[16日 ロイター] - ギャラップ社とナイト財団が行った調査によると、米国人の約80%は、ソーシャルメディア企業が自社プラットフォームに何を掲載するべきか、コンテンツについての正しい判断を適切に行っていないと考えている。

ただ、こうした判断を政府がすべきかどうかについてはさらに否定的で、特定のコンテンツを掲載すべきかどうかは、政府ではなく企業が決めるべきだ、との意見が大半だった。

81%の人は、コンテンツに関する方針を管理する独立監視機関の設立が好ましいと回答した。フェイスブック<FB.O>では、そうした機関の設立が進められており、既に監視委員会のメンバーが発表されている。

約3分の2人は、不快感を与える可能性がある意見も含めて、様々な意見がソーシャルメディア上に掲載されるべきだと考えている。

誤りがあったり、誤解を招くような情報については、健康に関する情報の場合85%の人が削除されるべきだと指摘。選挙や政治的内容の場合には81%の人が削除されるべきだとしている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  5. 5

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。