記事

NY市場サマリー(16日)=ドル上昇、米国株続伸

[16日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが上昇した。5月の米小売売上高が過去最大の伸びを記録し、米経済の最悪期は脱したとの見方が強まった。

この日は米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、公聴会で半期に一度の議会証言を行い、米経済について、新型コロナウイルス流行が制御されていると米国民が考えなければ、完全に回復しないだろうと指摘。ただ安全通貨としてのドル買いにつながり、ドル上昇の歯止めにはならなかった。

テンパスの為替トレーダー、フワン・ペレス氏は「パウエル氏の発言はかなりネガティブな内容だった。パウエル氏は現実主義者だろう。ドルがやや上昇したのはパウエル氏が言及した不確実性が理由だ。米経済のリセッション(景気後退)の長期化に備えているように見える」と述べた。

午後の取引で、ドル指数<=USD>は0.5%高の97.019。対ユーロ<EUR=EBS>では0.5%高の1.1262ドルだった。

一方、対円<JPY=EBS>ではほぼ変わらずの107.29円。序盤は上昇していたが伸び悩んだ。

<債券> 米金融・債券市場では利回りが上昇した。追加の景気刺激策への期待がリスク選好度が高まったほか、米小売売上高が最大の伸びを記録した。

この日の米株式市場は上昇。トランプ政権が景気てこ入れ策の一環として1兆ドル近いインフラ計画の提案を準備しているという報道を受けた。

さらに、米商務省が発表した5月の小売売上高は前月比17.7%増と、市場予想の8%増を上回り、1992年の統計開始以降で最大の伸びを記録。新型コロナウイルス流行の影響で過去最大の落ち込みとなった前月の14.7%減(改定)から大きく持ち直し、リスク心理がさらに改善した。

ジェフリーズの金融市場エコノミスト、トム・シモンズ氏は、「指標の内容は(従来の予想より)さらに幅広く、より強固な回復を示唆しており、市場はその点に注目している」と述べた。

米10年債利回り<US10YT=RR>は5ベーシスポイント(bp)上昇の0.755%。5月の予想外の雇用拡大を受けて今月5日に付けた11週ぶり水準(0.959%)は引き続き下回っている。

<株式> 米国株式市場は主要3株価指数が3日続伸した。5月の米小売売上高が大きく回復したことに加え、新たな景気刺激策が導入されるとの観測が出ていることで、米経済は予想よりも早く回復するとの期待が高まっている。

ダウ工業株30種とS&P総合500種は2月の終値ベースの最高値をそれぞれ約11%、8%下回っている。一方、ナスダック総合は6月10日の過去最高値を約1%下回る水準。

米商務省が16日発表した5月の小売売上高は前月比17.7%増と、市場予想の8%増を上回り、1992年の統計開始以降で最大の伸びを記録した。

またトランプ米政権が景気てこ入れ策の一環として1兆ドル近いインフラ計画の提案を準備しているとの報道を受け、投資家のリスク選好度が高まった。

LPLフィナンシャルのシニア市場ストラテジスト、ライアン・デトリック氏は「小売売上高が株価上昇につながった」と指摘。「刺激策の匂いが漂っていることも今日の株高に確実に寄与した」と述べた。

<金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、中国・北京市で新型コロナウイルスの集団感染が広がり、感染「第2波」への懸念が高まっていることを背景に、3営業日ぶりに反発した。

北京市の食品卸売市場から新型コロナの集団感染が広がったことを受け、同市は16日、緊急対応レベルを引き上げ、当局は「戦時状態」を宣言。住民や外部の人の往来を厳しく統制する封鎖地区を拡大した。

<米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、良好な米経済指標などを受けて原油需要回復への期待が高まり、続伸した。

米商務省が16日発表した5月の小売売上高(季節調整済み)は前月比17.7%増となり、比較可能な1992年以来で最大の増加率となった。新型コロナウイルスの流行で停止していた経済活動の急回復を示す指標を受け、市場では原油需要が高まるとの期待が広がった。

ドル/円 NY終値 107.32/107.35 <JPY21H=>

始値 107.30 <JPY=>

高値 107.62

安値 107.22

ユーロ/ドル NY終値 1.1263/1.1265 <EUR21H=>

始値 1.1314 <EUR=>

高値 1.1319

安値 1.1229

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 93*09.50 1.5301% <US30YT=RR>

前営業日終値 95*06.00 1.4490%

10年債(指標銘柄) 17時05分 98*28.50 0.7413% <US10YT=RR>

前営業日終値 99*08.50 0.7020%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*18.50 0.3360% <US5YT=RR>

前営業日終値 99*20.00 0.3260%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*27.50 0.1971% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*28.00 0.1890%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 26289.98 +526.82 +2.04 <.DJI>

前営業日終値 25763.16

ナスダック総合 9895.87 +169.84 +1.75 <.IXIC>

前営業日終値 9726.02

S&P総合500種 3124.74 +58.15 +1.90 <.SPX>

前営業日終値 3066.59

COMEX金 8月限 1736.5 +9.3 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1727.2

COMEX銀 7月限 1765.2 +25.3 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1739.9

北海ブレント 8月限 40.96 +1.24 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 39.72

米WTI先物 7月限 38.38 +1.26 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 37.12

CRB商品指数 136.2721 +1.4928 <.TRCCRB>

前営業日終値 134.7793

(※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  9. 9

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  10. 10

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。