記事

陸上イージス計画停止

河野防衛相は、昨日15日、秋田県と山口県で進めてきた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を停止する、と表明しました。

迎撃ミサイルを発射した後、ブースター部分を自衛隊演習地内などに確実に落とせない技術的問題がわかり、周辺民家などの安全確保にハードウェア改修が必要になり、「コストと配備時期に鑑みてプロセスを停止する」と述べました。

安倍首相に12日に報告し、昨日15日に、秋田、山口両県の知事に電話で伝えた、ということです。このイージス・アショアは、北朝鮮のミサイル開発の脅威の中で、米国による武器購入圧力もあり、安倍政権が「導入ありき」で進めてきたことに問題があると思います。

イージス・アショアについては、費用対効果も問題とされてきました。日米の専門家は、「イージス・アショアを配備しても、日米のミサイル防衛網を突破される恐れがある」と指摘していました。配備には、導入費や30年間の維持運用経費も含めて最低でも4500億円かかります。

政府は、2017年にイージス・アショアの導入を決定し、防衛省は昨年5月、新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市)を「適地」とする報告書をまとめました。

その後、防衛省が秋田県に提出した報告書に誤りが発覚するなどして、政府は新屋への配備を断念し、秋田県内を軸に東日本の新たな配備先を検討していました。

今回の計画停止の判断は、ブースターを演習場内に落とすという能力のためだけに数千億円の費用や10年超の時間がかかることが判明したため、河野防衛相は「投資としても合理性がない。別のミサイル防衛のやり方を考えないと、国防を担う責任を果たしていない。潔くやめよう」と停止に踏み切った、とのこと。

行革に熱心な河野氏の考えを反映した、ともいえると思います。停止の判断を支持したいと思います。もともとが詰めが甘い、杜撰な計画だった、ということでしょう。今後、一時的な「停止」で再開するのか、中止にしたほうがよいと思いますが。

その場合、ミサイル防衛をどうするのか、振り出しに戻った議論が必要になると思います。

あわせて読みたい

「イージス・アショア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  5. 5

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  10. 10

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。