記事
  • ヒロ
  • 2012年09月09日 10:00

ビジネスにつながる日本のもてなし

日経ビジネスの特集にアフターサービスランキングが出ていました。この特集は毎年行っているものでランクに関連する業界はこの調査結果で喜怒哀楽、ランクを下げたところは必死でランクアップを狙います。そしてその結果が出るのは新製品を投入するよりもはるかに時間がかかり、2-3年後にようやくその効果が現われたりします。

このランクに関係なく外国に住んでいる者にとって日本のサービスの高さは他を寄せ付けないところがあります。極端な話、ランク外の企業でも外国企業に比べればはるかに良い気がいたします。

何故日本のサービスが良いのか、理由はたくさんあるでしょう。企業戦略として重視していること、お客様は神様ですという根本精神は筆頭に上げられると思いますが、やはり、私には日本人がずっと持ち続けているもてなしの心がビジネスに根付いているのではないかと思います。

私の会社の従業員は日本人が主体です。英語が決して滑らかではない人も多いのですが、それでも日本人を雇うのは顧客からの圧倒的支持があるからなのです。お客様から「オタクの店はいいよね、従業員がすごくいい」。あるいはライバルのカフェのオーナーから「どうやったらこんなに素晴らしい従業員を雇えるのか?」と聞かれることはしばしばです。

そのもてなしの心は流暢ではない英語のハンディキャップを埋めても十分におつりが来ると思っています。もちろん、業務に差しさわりがあるようでは困ります。例えば先日某居酒屋で白人の3カップル6名が私の隣の席につきました。「カナダ水準のサービス」を期待していたと思うのですが、あいにく店が混んでいたこともありサーバーの手は廻らず、ドリンクは出ず、フードも遅れがち、ホストと思われる女性がかなりむっとした口調でサーバーさんに当たっているのですが、サーバーさんがその空気を読み取れてないという奇妙なギャップに他人の店ながら「これはまずい」と気になって仕方がありませんでした。

日本人のもてなしや企業の顧客サービスはお客様が喜んでくれるプラスサイドに働いている場合は問題ありません。ですが、いざ、失敗などが原因でマイナスサイドに陥るとお客様はとことん会社を責め、会社としては「クレーマー処理班」がその対応に追われたりするわけです。

となると日本人のもてなしはポジティブの時はより強くその効果が出る一方、マイナスとなったときは防戦一方に
なる弱さがあるともいえます。一方、カナダのサービスは防戦に強い気がします。私もサービスの悪さにかなり強くクレームすることがありますが、カナダ企業のうまさというのは「あなたのその問題を解決する為に私は最大限の努力をしています」ということが無機質なマニュアル文書ややり取りではなく、その人の気持ちや態度がが分かるような形で対応してくれることに最後は「分かった」と言わせるうまさがあります。

日本のもてなしを海外に輸出するならばその部分を強化する必要があるかもしれません。ですが、基本的には日本人は世界最高水準のサービス精神を持っている事にはかわりありません。サービスビジネスをもう少し国際スタンダードに引き上げれば素晴らしいもてなしビジネスが海外に輸出できると思っています。

今日はこのぐらいにしておきましょう。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  9. 9

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  10. 10

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。