記事

新型コロナ抗体保有率0.1%の少なすぎる衝撃

[画像をブログで見る]

厚労省が実施した抗体検査の結果が発表された。
なんと、東京は0.1%という衝撃的な少なさ!
ソフトバンクグループが行った検査の0.43%を、さらに下回っている。

新型コロナ抗体保有率、東京都は0・1% 厚労省調査:イザ!

厚生労働省は16日、東京都の約2千人の抗体保有率を調査した結果、0・1%に陽性反応があったと発表した。

約3千人を調査した大阪府では0・17%、宮城県では0・03%に陽性反応があった。

これは喜ぶべきことなのか、悲観的なことなのか、どちらにも取れる。

感染者が少なかったということでは喜ぶべきことだが、抗体保持者が少ないということは、集団免疫にはほど遠く、これから先、COVID-19に対する警戒が何年も続くことを意味する。

この結果は、抗体検査の精度を疑いたくなる。あるいは、数字を誤魔化しているのか。

安倍政権は、情報を正しく開示することをしない前科があるので、信用していいものかどうか。経済活動を活性化するために、数字を操作しているのではと勘ぐってしまう。

そこで問題になるのは、なぜ、これほどまでに感染者が少なかったのかということ。
ファクターXの存在だ。

関連記事として、シリーズで取り上げた。

  1. ファクターXを突きとめろ!
  2. ファクターXを突きとめろ!(その2)
  3. ファクターXを突きとめろ!(その3)
  4. ファクターXを突きとめろ!(その4)血液O型は低リスク?
  5. ファクターXを突きとめろ!(その5)納豆か?

感染を阻止したファクターXが存在しなければ、欧米のように感染者数と死者数が多くならなかった理由がはっきりしない。日本のゆるゆるの対策が功を奏したとはいいがたいので、ますます謎だ。一説には、非常事態宣言を出す前に、感染拡大はピークアウトしていたともいわれている。

公表されている感染者数は、PCR検査を受けられた人たちだけの数字だ。うちの会社内では、新型コロナに感染したと思われる症状の人がいたが、PCR検査を受けられず、自主的に2週間の自宅療養をしていた。

おそらく、そういう人はかなりの数がいるはずで、数字として加算されていない。

抗体保有率0.1%は、実態を表しているのか?

中国政府の発表が信用できないのは周知のことだが、わが日本政府の発表は信じてもいいのか?
国の調査だけでなく、第三者機関の追試調査が必要な気がする。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  5. 5

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。