記事

米中小企業向け融資制度、NPOも対象に FRBが提案


[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は15日、中小企業向けの「メインストリート融資制度(MSLP)」利用申請の受付を開始するとともに、同制度を利用できる対象に非営利団体(NPO)を加える案を発表した。提案については今後パブリックコメントを募る。

MSLPは、従業員数が1万5000人まで、もしくは売上高が50億ドルまでの中小企業を対象に、プログラムに参加する金融機関を通じて融資する制度で規模は最大6000億ドル。

FRBは15日、NPOは大規模な雇用を生み出すとともに、技術革新や熟練職の育成を支援し、非常に重要なサービスを提供している「極めて重要な」セクターとして、MSLPの適用対象に加えることを提案、これについてパブリックコメントを募る。

提案によると、MSLPを利用できるNPOは、職員が50人以上1万5000人まで、あるいは年間の収入が50億ドル以下であることが条件。さらに非課税対象であること、少なくとも5年の活動歴、寄付金が30億ドル以下などと定めている。

MSLPは3月に発表されたが、詳細な制度設計などに時間がかかり、実施が後ずれしていた。

これまでに対象や融資機関の拡大など2回、制度を変更している。

従業員数500人以下の企業を対象とした「給与保護プログラム(PPP)」もあるが、PPPとは異なり、MSLPは返済の必要がある。

パウエル議長は先週、「中小企業が営業を再開し従業員を雇えるよう支援すれば、広範な景気回復を後押しすることになる」と述べている。

*内容を更新しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  5. 5

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  6. 6

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  7. 7

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

  8. 8

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  9. 9

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  10. 10

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。