記事

落ちぶれつつある日本とそこから目を背ける与野党

日本のシングルマザーや子供の貧困が加速しているのでは?との質問を頂いた。そこから考えを巡らした。

それを政権のせいにするのは容易い。だがそれは事実か?

私は、貧困が加速しているとすれば、それは日本が全体的に貧しくなっているのが本当の原因だと思っている。

それをもたらしたのは2つの動かし難い事実。

1つ目は日本の国際競争力の低下。フォーチュン社の世界トップ企業500社からこの30年でどれだけの日本企業が脱落していったのか。

2つ目は財政赤字拡大に伴って招来された円安。

この2つが合わさり、一人当たりGDPも2012年の4万8千ドルから2019年は4万ドルまで低下している。

同じ期間にアメリカは5万1千ドルから6万5千ドルまで増えているにもかかわらず、だ。

JAPAN as No.1は実現せず、JAPAN as No.26が訪れてしまったというのが偽らざる現実。当然、低所得者層の貧困の度合いも増すことになった。

この現実を見ようともせず、与党はアベノミクスの成功を誇り、野党は金持ち優遇政策で格差が拡大していると批判する。

どちらも大間違いだ。日本は停滞どころか衰退の道を歩んでおり、与党も野党もその姿から目を背けているに過ぎない。

必要なのは事実を見つめ直すこと。

日本は、崩れかけている今の幸せを騙し騙し維持しているだけ。

与野党共にその誘惑に屈して、借金を重ねてバラまけばV字回復は可能?

答えはノーだ。

やるべきことは一つ。税制、社会保障、労働慣行、全てに渡ってメスを入れ、大企業だけでなく正規社員で構成される労働組合も含めた既得権益にくさびを入れて、日本社会に今の現代経済社会に即した流動性と自由を取り戻すこと。

もちろん、左派リベラル層の中でも一部の理想派が言うように、経済成長だの高福祉社会だのは諦め、苦しくとも貧しくとも今の世の中を続けていくという選択肢はもちろんある。

しかし、それは今から50年前の世界に日本を徐々に戻していくこと。それが今の若い世代に耐えられることだろうか?

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。