記事

独コメルツ銀、8月に一段の支店・人員削減を公表=監査役


[フランクフルト 15日 ロイター] - ドイツのコメルツ銀行<CBKG.DE>は、8月の戦略見直しで相当数の支店と人員追加削減を明らかにする見通し。労働組合を代表するステファン・ヴィットマン監査役が明らかにした。

同監査役はロイターに対し、米投資会社サーベラスが監査役ポストやコスト削減などを求めたことについて、「無礼で不適切」と批判した。コメルツはサーベラスの要求を拒否した。

コメルツは8月の第2・四半期決算の発表時に一段のコスト削減策を公表するが、ヴィットマン氏は「これまで発表された以上の相当な追加支店閉鎖や人員削減になる」との見通しを示した。

これについて広報担当者はコメントしなかった。

同行は昨年、支店数を1000から800程度に、全体の5.7%にあたる人員純減計画を発表していた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  5. 5

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  6. 6

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  9. 9

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  10. 10

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。