記事

香港国家安全法、遡及的に適用されず=中国国務院当局者


[深セン 15日 ロイター] - 中国国務院(政府)香港マカオ事務弁公室のトウ中華・副主任は15日、香港国家安全法について、遡及的に人々を罰することにはならないとの見解を示した。

また、最も重大な国家安全を巡る問題について中国政府が権限を保有できなければならないとする一方、執行業務の大半については香港が責任を負うべきだと述べた。

トウ副主任は深センで開かれたセミナーで、同法は香港の法律・司法制度に合致するものになると説明。「香港と本土の法律制度に違いはある」としつつ、「双方の法律(刑法)には無罪の推定、犯罪容疑者と被告が法的擁護を得る権利、法の不遡及といった原則が盛り込まれている。これら原則の全ては今回の法制で定められる」と述べた。

香港では国家安全法が遡及的に適用されるのではないかとの懸念が出ていた。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  9. 9

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。