記事

香港国家安全法、遡及的に適用されず=中国国務院当局者


[深セン 15日 ロイター] - 中国国務院(政府)香港マカオ事務弁公室のトウ中華・副主任は15日、香港国家安全法について、遡及的に人々を罰することにはならないとの見解を示した。

また、最も重大な国家安全を巡る問題について中国政府が権限を保有できなければならないとする一方、執行業務の大半については香港が責任を負うべきだと述べた。

トウ副主任は深センで開かれたセミナーで、同法は香港の法律・司法制度に合致するものになると説明。「香港と本土の法律制度に違いはある」としつつ、「双方の法律(刑法)には無罪の推定、犯罪容疑者と被告が法的擁護を得る権利、法の不遡及といった原則が盛り込まれている。これら原則の全ては今回の法制で定められる」と述べた。

香港では国家安全法が遡及的に適用されるのではないかとの懸念が出ていた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  5. 5

    エアロゾル警告を撤回「誤掲載」

    ロイター

  6. 6

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  8. 8

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  9. 9

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。