記事

ここは出るしかないでしょうね。さすがにインパクトがある山本太郎氏の出馬宣言

野党陣営に亀裂が走るのは予想されていたが、山本太郎氏が都知事選挙に立候補を決意したことで投票率がそれなりに上がりそうな予感がしている。

山本太郎氏の演説にはそれなりの訴求力があるから、都知事選挙にそれほど関心がなかった若い方々も投票所に足を運ぶことになるのではないか。

華に乏しい方がいくらネット選挙を展開してもそう支持者が増えるとは思えないが、昨年の参議院選挙で目覚ましい活躍をした山本太郎氏が街頭に出れば、参議院選挙後どこかに散ってしまっていた方々も戻ってくるかも知れない。

れいわ元年に誕生したれいわ新選組がれいわ2年の重要な選挙に名乗りを上げないのは、やはり寂しい。
ボンボン、花火を打ち上げることだ。

もっとも、来年の東京オリンピックの中止を重要政策に掲げているのは、結果的に失敗だったかも知れない。
山本太郎氏のいいところは、何と言っても声なき人の声を吸い上げて大きな声にすることが出来るところだろうと思う。

元気をなくしている人たちに喝を入れて、みんなを元気にさせる。
弱い立場の方々に寄り添って、みんなで力を合わせれば、きっといいことがある、と思わせるところ。

右も左も関係ない。
既成政党の柵に捉われないで、いわゆる社会的弱者の声を政治の場に届けることが出来そうなところ。

山本太郎氏の戦場は、都政ではなく、あくまで国政である。

そう割り切って、堂々と選挙戦を戦うのがいい。
国会議員の時代には少々危ういところが多かったが、それでも現在の政治に飽き足らなさを感じていた方々に対するアピール力はあった。

宇都宮氏の陣営にとってはさぞ脅威だろうが、既成政党に飽き足らなさを感じている方々にとって山本太郎氏の存在は実に貴重である。

山本太郎氏が今回どういう選挙運動を展開するのか注目している。
ネット選挙だけでは山本太郎氏の魅力を十分に発揮するのは難しいだろうな、と思っているところである。

何にしても、それなりのスターが顔を揃えたことはいいことである。

あわせて読みたい

「都知事選2020」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  5. 5

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  6. 6

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

  10. 10

    雅子さまの渡航めぐる発言に共感

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。