記事

「持続化給付金の運用変化」

毎日様々な要望やご相談がある中で1番多いのが持続化給付金だ。

世間からは厳しいご批判もあるが、業種をほとん問うことなく、幅広い支援ができている事は率直に評価していただければと思う。ただ、コールセンターや経済産業省中小企業庁総務課に電話がつながりにくいことだけは指摘しておかなければならない。

コールセンターのかかりやすさは政策の信頼にも大きく影響するものだと思う。

話はずれるが文化庁にもこれから文化団体に対する支援金の相談窓口を作るのであれば、とにかく電話がつながる状態にしておくことが必要と申し上げておいた。

一方で、事務費に対する厳しいご指摘のある中、電話回線を増やすことが難しいかもしれないのはやや残念に思う。

さて、先日来、私のところにこの給付金の関係でご相談をいただいていたいくつかのことのうち、みなし法人の問題と昨年業容を急激に拡大した事業所の問題、昨年創業し、開業届を今年の4月1日までに出してなかった事業所の問題、5月の上旬に申請したにもかかわらず、20日過ぎてやっと修正点についてのメールが来て、直ちに修正して返信したにも関わらずなかなか採択不採択かの結果の連絡がなかった方についてはここに来て採択になったという連絡をいただいた。

まあ、良かったが40日近くかかったことになる。繰り返しになるが経済産業省のホームページに2週間位で給付になりますと書いてあるのは、変えた方が良いように思う。

みなし法人の問題や昨年業容を急激に拡大した事業所のように今のルールでは対象にならないものがあるのは事実。こうした問題については、ぜひとも県や市町の給付金で対象にするようなことができないかと思う。

昨年開業したものの開業届を出してなくて今年の4月2日以降に届けを出した、あるいはまだ出してない、と言う事業所については、運用が改善された。

開業届を出してなくても、開業したと言う事実を確認できるような書類(役所からの許可書類等)があれば検討していただけるようになった。具体的にどんな書類ならばいいのかについては明らかになっていないが、この変化だけでもほっとした。

私の知る限りこの運用改善が行われたのは最近だから、それ以前にこのホームページを見た人は開業届を4月1日までに出さなかったから自分はダメだと諦めてしまっているかもしれない。

去年新しく開業した人で届けを出したのが今年の4月2日以降になってしまった人、諦めずに手元に何かそのことを示す証拠書類がないか探してみてはいかがだろうか。


あわせて読みたい

「経済産業省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  8. 8

    YouTubeで激変 芸能人第二の人生

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

  10. 10

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。