記事

「女帝 小池百合子」“虚”の大芝居で権力を握った小池氏の半生

1/2
BLOGOS編集部

話題のノンフィクション「女帝 小池百合子」、一読で圧倒され、すぐさま再読しまた圧倒される。読めば読むほど安易な覗き込みを憚る彼女の『物語』。読後、曖昧にやり過ごしていた現実の風景が明らかに変わる。これは、今まさに刻々と蠢く現在進行形のリアルホラーだ。

女帝 小池百合子 (日本語) 単行本 – 2020/5/29

< 「女帝 小池百合子」(石井妙子・著 文藝春秋・刊)より >

「一九七一年九月前後にエジプトへ渡り、初めの一年間はカイロ・アメリカン大学東洋学科でアラビア語を学び、翌年の一九七二年十月にカイロ大学文学部社会学科に入学。留年せず四年間で同大学を卒業した日本人は自分が初めてであり、「首席」だったとも。しかし、学生数は十万人、エジプト人でも四人にひとりは留年するという大学で、そんなことがありうるのだろうか。」

「カイロ大学卒という経歴を差し引いて、今の彼女は存在し得ない。(略)政治家になることもできなかったはずである。この経歴が虚偽であるならば、彼女は長年、公職選挙法に違反してきたということになる。」

学歴詐称疑惑の大波に飲まれるか

本書「女帝 小池百合子」刊行により、あらためて浮上しているこの問題。「卒業」の真偽は、これまでに公的な証明に至らぬまま押し問答で棚上げされてきた。こちらは一向に進まないステップ「0」。7月の東京都知事選を前に、この問題をうやむやにしない取材と検証でまとめられた力作ノンフィクションが、虚実の女帝・小池百合子に立ちはだかる。

もはや自身の口先では逃げ切れないと悟ったのか、おそらくは小池側が中東人脈に手を回したのだろう、6月8日付けでカイロ大学は「小池百合子氏が1976年10月にカイロ大学文学部社会学科を卒業したことを証明する。卒業証書はカイロ大学の正式な手続きにより発行された」という声明を出した。

この、カイロから吹いてきた中東の風は小池に降りかかる火の粉を吹き払うのか。それとも風を誤り逆に炎上を招くのか。東京はコロナ第2波よりも先に、小池都知事の学歴詐称問題(こと公職選挙法違反=虚偽事項公表罪)という大波に飲まれるのか?

感染症対策CMを連発 広告代理店とテレビ局を潤す小池都政

共同通信社

ああ、小池百合子・・・、この数ヶ月の残影を改めて思い浮かべてみる。新型コロナウイルスへの対応に安倍政権が迷走していた3月、世界の動向を見れば明らかに非現実的な状況に陥った「東京オリンピック開催」のフラッグをギリギリまで振り続け、開催延期が決定するやいなや、そのフラッグをコロナ対策のパネルに持ち替えた。

「ロックダウン」「オーバーシュート」「ステイホーム」・・・、感染拡大に関する日々の動向を記者会見することには問題ないが、4月に入ると小池自らが出演し感染症対策を呼びかける広報CMをテレビ各局で流しまくる姿には「まだ出るか」と過剰さを感じた。

都知事としての責務と言うならそうなのだろうが、もはや朝から晩までコロナ漬けのメディアになっており、放っといても都知事のメッセージは連日繰り返し露出される。そこに上乗せしての都知事出演CM連打・・・。正直、食傷だった。

なにしろこのスポットCMの原資は東京都民による血税だ。いったい何本流れたのか。結果、感染症対策の徹底という大義の下に「小池都政」から相当なCM料が広告代理店とテレビ局を潤したことになる。

さらにこのコロナ期、小池都知事に対して日々感じながらもやり過ごしていたものがあった。それは小池都知事のマスクだ。毎回変わるそのデザイン。色、柄、模様、ワンポイントの刺繍(例えばユリ)など、日替わりのオシャレマスクは都知事のメディア露出時に、いやでも目を引くアイテムだ。

穿った見方をしなければ、まあ、こういう非常時にありながらも平常心を保ちましょう、せめてマスクで気晴らしを、目の保養を、という女性的配慮という印象だった。さらには安倍首相のあのマスク姿があまりにもアレなこともあり、小池都知事のマスクが「逆映え」するという視覚効果も自然と浴びせられた。

だが、「女帝 小池百合子」の読後にあってはその見方も変わる。冷静に状況を見渡せば、東京都内ではコロナによる死者が311名(6/10時点)に達している。それだけの死者が出ており、入院者、隔離者が出続ける非常時の只中にある。

小池都知事は東京都民1400万人のトップに立ち、この非常時の指揮を執る最高責任者だ。その人物が公的な場所でなぜ日替わりデザインのマスクを日課としているのか? 見映え、振る舞い、発言、一挙一動、そこに紐づきながらも見過ごしてきた違和感の正体。なぜ、小池都知事がマスクを変え続けるのか。死者への配慮はそこに含まれるのか。その回答へと導いてくれるのが「女帝 小池百合子」だ。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  5. 5

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。