記事

「コロナ困窮の留学生を大使館が支援」そんな美談に群がるマスコミの罪

1/2

新型コロナウイルスの影響で困窮する外国人留学生の様子を、マスメディアが相次いで取り上げている。その多くは「美談」として報じられているが、ジャーナリストの出井康博氏は「新聞やテレビには、アジア新興国の留学生に触れたくない『不都合な事情』が存在する」という――。

新型コロナウイルスに関する情報について、平易に書かれた資料を使って留学生に説明するインドネシア人スタッフ(左)

新型コロナウイルスに関する情報について、平易に書かれた資料を使って留学生に説明するインドネシア人スタッフ(左)=2020年5月9日、東京・銀座 - 写真=時事通信フォト

「困窮留学生」がよく取り上げられているが…

新型コロナの影響で苦しむ「困窮留学生」を取り上げる大手メディアが増えている。NHKや朝日新聞は、留学生に対して広がる支援を美談として報じた。

・新型コロナで帰国できず 困窮する外国人留学生に支援広がる|NHKニュース
・失ったバイト、途絶えた仕送り 困窮留学生に広がる支援|朝日新聞デジタル

新型コロナウイルスの感染拡大は、在留外国人の中でとりわけ留学生に影響が及んだ。上記の報道にもあるように、アルバイトを失った留学生も少なくない。そんな彼らを支援する方々には頭が下げる。

ただし、留学生の受け入れ現場を長く取材している筆者には、大手メディアの姿勢には強い違和感を覚える。「美談」を伝えるのは構わないが、「困窮留学生」を生んだ根本的な要因には全く触れていないからだ。

知られたくない「不都合な事情」がある

法務省によれば、留学生の数は2019年6月末時点で33万6847人に達し、安倍晋三政権が誕生した12年末から16万人近く増えている。同政権が「留学生30万人計画」を「成長戦略」に掲げ、留学生の受け入れを増やしてきた結果である。

こうした留学生の急増は、アジア新興国出身者の流入によって巻き起こった。ベトナム人留学生は12年末と比べて9倍以上の8万2266人、ネパール人留学生は約6倍の2万8268人にも膨らんでいる。

一方、NHKが取り上げたコロンビア出身の留学生は、わずか140人しかいない。「困窮留学生」は、ベトナムなどアジア新興国出身者にも大勢いる。にもかかわらず、なぜ「コロンビア人留学生」だったのか。その背景には、アジア新興国出身の留学生に関し、大手メディアが触れたくない「不都合な事情」が存在する。

ビザ対象外なのになぜ彼らは来日できるのか

アジア新興国の出身者には、勉強よりも出稼ぎが目的の留学生が数多く含まれる。留学生となれば、「週28時間以内」のアルバイトが認められる。そこに目をつけ、「留学」を出稼ぎに利用するのだ。

ただし、留学には費用がかかる。留学先となる日本語学校や斡旋業者への手数料などで、軽く100万円以上が必要だ。新興国の庶民には、到底負担できる金額ではない。そもそも出稼ぎ目的の外国人は、母国においても仕事にあぶれた貧しい人たちが多い。そのため留学希望者は費用を借金に頼る。日本で働けば、簡単に返済できると考えてのことである。

こうした経済力のない外国人は本来、留学ビザの発給対象にはならない。留学ビザはアルバイトなしで留学生活を送れる外国人に限って発給されるのが原則なのだ。しかし、このルールを守っていれば留学生は増えず、「30万人計画」も達成できなかった。そこで政府は原則を無視して、留学ビザを発給し続けてきた。

現地の斡旋業者が留学書類を捏造している

そのカラクリはこうだ。新興国出身者は留学ビザ申請時、親の年収や預金残高の証明書の提出が求められる。審査する側の入管当局は、ビザ発給の基準となる金額を明かしていないが、年収と預金がそれぞれ日本円で最低でも200万円以上は必要だ。新興国の庶民にはクリアできるハードルではない。

そこで斡旋業者経由で現地の行政機関や銀行の担当者に賄賂を払い、書類を捏造する。数字はでっち上げでも、正式に発行された「本物」だ。新興国では、賄賂さえ払えばたいていの書類は手に入る。そんなカラクリを日本側も分かって留学ビザを発給する。留学生を増やし、さらには彼らを低賃金・重労働に利用するためである。

書類を捏造して留学ビザを取得し、出稼ぎ目的で、多額の借金を背負い来日する外国人を、筆者は“偽装留学生”と呼んでいる。その割合を特定することは難しいが、決して「一部」の留学生ではない。2012年以降に急増したアジア新興国出身の留学生は、多くが“偽装”とみて間違いない。

書類の捏造というインチキを犯している点において、彼らは「加害者」だ。しかし、より大きな視点で見れば、制度が生んだ「被害者」に他ならない。日本側によって都合よく利用されるからである。

コンビニで働く外国人は一部のエリート留学生

偽装留学生たちは、日本語学校に在籍しながらアルバイトに励む。留学生のアルバイトといえば、コンビニや飲食チェーンなどの店頭で働く外国人をイメージしがちだ。しかし、店頭に立てる留学生は、ある程度の日本語能力を身につけたエリートである。さらに多くの留学生が、私たちが普通に暮らしていれば目につかない場所で働いている。コンビニやスーパーで売られる格安弁当の製造工場や宅配便の仕分け、ホテルの掃除など、いずれも日本人の人手不足が深刻な仕事ばかりだ。そんな現場で留学生たちは夜勤に就くケースが多い。

しかも偽装留学生は、2つ以上のアルバイトを掛け持ちする。「週28時間以内」の法定上限を守ってアルバイトをしていれば、借金を返済し、翌年分の学費を貯めることなどできないからだ。

この違法就労の問題が、日本人の目に触れにくい偽装留学生たちを、さらに「不可視な存在」としている。違法就労への後ろめたさから、日本語学校やアルバイト先で人権侵害を受けても、耐えざるを得ない状況に追い込まれるのだ。

あわせて読みたい

「外国人労働者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  6. 6

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  7. 7

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。