記事

Appleのネットラジオ進出でパンドラ・メディア株が急落 でもアップルが広告取りのセールスをやるとは思えない

アップルがネットラジオのビジネスに進出する準備を進めているようです。

「模倣は最大の称賛である」と言われますが、アップルがパンドラ・メディア(P)と真正面から競争するという事は、パンドラの人気(=既に5,000万人以上のアクティブ・ユーザーが居ます)を無視出来なくなったということでしょう。

他の音楽配信の企業もパンドラのインターネット・ラジオのコンセプトに挑戦し、参入していますが、これまでのところパンドラが圧倒的に勝っています。

その理由は同社がモバイルに早くから注目し、曲数の多さや複雑な機能性ではなく、無料(主に広告モデルです)と音声入力などの使いやすさに注目したからです。

アップルの参入はパンドラにとって手強いライバルとなりそうです。なぜならアップルには既にiPodの時代からの固定的なユーザーが居るからです。

ただパンドラが余りにも無料サービスで大成功したので、アップルがネットラジオを展開する場合でも広告にサポートされた無料サービスにならざるを得ないと思います。アップルはiAdのプラットフォームを通じて広告主を募るようです。

従来のラジオ広告はラジオ局のセールスマンが直接営業して広告取りする、ないしはサードパーティーの業者(広告代理店のような存在)を通じて広告主を探してくるというような手法が採られてきました。

パンドラの場合も、表向きはテクノロジー企業ですが、その実態は「ラジオ広告を取る、営業の会社」になりつつあります。

アップルが本気でそういうどぶ板営業的な卑屈な仕事をやりたいと思っているとは、僕には到底想像できません。

ただアップルの参入で、ネットラジオで曲を流す際の使用料(=ライセンス・フィー)が高止まりするリスクがあります。こちらの方がパンドラにとって痛い打撃だと思います。

あわせて読みたい

「インターネットラジオ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。