記事

スタバの価値の本質はコーヒーではなく「サードプレイス」

<お知らせ>【登録者数1600名突破!】毎日ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。

自宅の近くにあるスターバックスコーヒーが店内の座席も復活させ、毎日また通うようになりました(写真)。

復活といっても、ソーシャルディスタンスを考慮し、席数は以前よりかなり減っています。

週末は、ビジネスパーソンがいないので、このようにガラガラですが(今朝は貸切でした)、平日の朝の出勤時間になると、席数が少ないので座れないことも多くなってきました。

スターバックスがクローズしている間、よく利用していたのがセブンイレブンのプレミアムコーヒーです。一杯100円程度とリーズナブルですが、スターバックスの店内利用ができるようになって、利用しなくなってしまいました。

スターバックスのコーヒーとセブンイレブンのコーヒーの価格差は、約200円です。200円余計に出しても、スターバックスの店内を利用したいと思っている訳です。セブンイレブンと比べればスターバックスのコーヒーは香りにバリエーションがあって、品質も高いと思いますが、本質はそこではありません。

朝のスターバックスに行きたいと思うのは、自宅でも仕事場でも無い場所で、新聞を読んだり、考え事をしたり、リラックスしたりといった時間を過ごしたいと思うからです。コーヒーを飲むのが最大の目的ではなく、サードプレイス(自宅でもオフィスでも無い第3の場所)としての価値があるからです。

つまり価格差の大半は、コーヒーの味わいの違いにあるのではなく「場所代」と言うことです。

他のコーヒーチェーンの方が食事が美味しかったりすることもありますが、店内の快適性はチェーン店では、やはりスターバックスが最強です。問題は混んでいて入れないことが多くなること。アリバイ作りのようなソーシャルディスタンスは早く止めて、現実的なオペレーションに戻って欲しいと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年6月14日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  10. 10

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。