記事
  • ヒロ

大学「秋入学」の代案

1/2
一時盛り上がった大学の9月入学は表向き継続審議となっていますが、日本ではトリガー(引き金)がないと動かない社会体質ですのでよほどのことがない限りこの議論が再び俎上に上がることはないでしょう。しかし、文科省をはじめ、教育関係者がこれで安堵してもらっては困るのです。

役所も社会も慣れ親しんだやり方から動けないとなれば改革は一つも起きないのです。そこで今日は9月入学という高いハードルを低くしながら教育の抜本を変えるやり方をもう一案、提案したいと思います。それには二つの仕組みを組み合わせます。

まず一つ目が大学の4学期制度(クォーター制度)をより一般的にすることを提唱したいと思います。日本の小中高校は3学期制度、多くの大学は2学期制度だと思いますが、これを大学については4学期制度にするのです。4学期とはおおむね一つの学期が2カ月で年間8カ月の履修になります。2学期制度よりやや短くなるため一回の授業は90分より長い105分程度になります。

あまり知られていませんが、4学期制度を採る日本の大学は割と多いのです。東大、阪大など国立が17大学、公立が5大学、私立が早稲田、津田塾など18大学あります。私立は一部の学部に限定しているところが多くなっています。また高校では野球で有名な花巻東高校も4学期制をとっており、大学に限らず一定の広がりがあります。

東大総長の五神真氏が日経ビジネスのインタビューで「既に秋入学は行われています。毎年、外国人留学生を中心に何百人も入学しています」と述べているのは東大が開かれた大学であり、学生のみならず大学を会社のように経営母体として考えながら産学共同で資金もとりこむ発想で研究レベルを世界水準に引き上げる方策だということがインタビュー全体から読み取れます。つまりかつて東大が提唱した9月入学は結局のところ、その目的の一つであった海外留学生を取り込むことには成功していたわけです。

4学期制にすると取得する単位が2カ月という枠に集約されたものになるため春入学だけでなく秋入学など入学時期のフレキシビリティが生まれます。当然ながら9月入学が主流の外国人にとって日本への留学がしやすくなるメリットがあります。とすれば今回議論された9月入学への全体の変更という大きなハードルは回避することができます。

あわせて読みたい

「秋入学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  9. 9

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  10. 10

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。