記事

Book: #サイバーハラスメント

今年読んだ24冊目は、サイバーハラスメントーー現実へと溢れ出すヘイトクライム画像を見る

 

監訳者のお一人、原田學植氏(趙學植)よりご恵贈いただいたので、一読し、ご紹介。 

原著者はボストン大学のダニエル・キーツ・シトロン教授で、翻訳は大川紀男氏、そして他の監訳者は明戸隆浩氏と唐澤貴洋氏である。

そう、あの炎上弁護士で有名な唐澤貴洋弁護士だ。

本書の内容は、ともかく最初はこれでもかこれでもかというサイバーハラスメントの被害叙述から始まる。

中にはロースクールの女子学生も被害者として登場する。

そして、被害者を苦しめる匿名性と所詮ネットという社会通念。

しかし、これは放っておいて良い問題ではないし、過去にも、最初は大したことがない問題、被害者にも落ち度があるし、我慢していればそのうちにおさまる的な目で見られていたが、現在はしっかり問題が認識され、対策が行われつつある問題としてセクハラやDVがあったように、このサイバーハラスメントにも問題と認識して対策を行うことが必要だという。

具体的な対策として、法ができることとすべきこと、立法によりハラスメント・ストーキング法の改正やリベンジポルノ処罰法の創設、さらには公民権法の拡大などが提案されている。アメリカのことであり、日本とは状況が異なる。

日本には既にリベンジポルノ処罰法は存在するが、公民権法はない。ストーカー防止法はあれどもサイバーストーカーは主眼ではないし、ハラスメントについては直接の対策法はない。

そのほか、サイト運営者に責任を負わせることと、雇用主に就職希望者や社員のインターネット・レピュテーションを理由とする不利益取り扱いを禁止せよとの提言もある。

大変参考になるので、ぜひ読んでみよう。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  5. 5

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  6. 6

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。