記事

Book: #サイバーハラスメント

今年読んだ24冊目は、サイバーハラスメントーー現実へと溢れ出すヘイトクライム画像を見る

 

監訳者のお一人、原田學植氏(趙學植)よりご恵贈いただいたので、一読し、ご紹介。 

原著者はボストン大学のダニエル・キーツ・シトロン教授で、翻訳は大川紀男氏、そして他の監訳者は明戸隆浩氏と唐澤貴洋氏である。

そう、あの炎上弁護士で有名な唐澤貴洋弁護士だ。

本書の内容は、ともかく最初はこれでもかこれでもかというサイバーハラスメントの被害叙述から始まる。

中にはロースクールの女子学生も被害者として登場する。

そして、被害者を苦しめる匿名性と所詮ネットという社会通念。

しかし、これは放っておいて良い問題ではないし、過去にも、最初は大したことがない問題、被害者にも落ち度があるし、我慢していればそのうちにおさまる的な目で見られていたが、現在はしっかり問題が認識され、対策が行われつつある問題としてセクハラやDVがあったように、このサイバーハラスメントにも問題と認識して対策を行うことが必要だという。

具体的な対策として、法ができることとすべきこと、立法によりハラスメント・ストーキング法の改正やリベンジポルノ処罰法の創設、さらには公民権法の拡大などが提案されている。アメリカのことであり、日本とは状況が異なる。

日本には既にリベンジポルノ処罰法は存在するが、公民権法はない。ストーカー防止法はあれどもサイバーストーカーは主眼ではないし、ハラスメントについては直接の対策法はない。

そのほか、サイト運営者に責任を負わせることと、雇用主に就職希望者や社員のインターネット・レピュテーションを理由とする不利益取り扱いを禁止せよとの提言もある。

大変参考になるので、ぜひ読んでみよう。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  8. 8

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。