記事

昭和天皇の写真を焼くのが不敬っていったい、いつの時代 大村秀章知事へのリコール運動の不当性

 高須克弥氏らによって始められた大村秀章知事へのリコール運動ですが、どうにも彼らの主張は、一体、いつの時代なんだという感じのもので、その正当性には疑問符しかつきません。

公金だから表現の自由の問題じゃないという珍論 大村秀章知事へのリコール運動の不当性 詐取だ、犯罪だというレベルになるとそれがリコールなのですか、という感じで、真実、詐取だ、犯罪だというのであれば捜査機関に告発したらいい、議会での解明という問題でもあるのですが、それが何故かリコールに飛躍するところが胡散臭いというところで、その動機は最初のところの「天皇陛下のお写真をバーナーで燃やし踏みにじる」というところにあります。
 要は、恐れ多くも天皇陛下に対し奉り、という不敬の発想です。
 何たる時代錯誤の発想。

2020年5月30日撮影

 日本国憲法は、大日本帝国憲法下で神聖にして犯すべからずとされた神権天皇制を否定するところから出発しています。なので、こういった不敬を全面に押し出すようなやり方は、むしろ全体主義的な傾向としてそれ自体が批判されるべきものです。
 かつて長崎市の本島等市長が昭和天皇の戦争責任はあると発言しただけで、銃撃されたり、バッシングされたりでは、暗澹たる状況です。
 今や昭和も遠くなりにけり、なはずなのに未だにこうした右翼思想が社会に圧力を掛けようとしていること自体が問題なんだということです。

 ところで未だに箸にも棒にもかからないような「批判」が来ています。これが何でリコールに結びつくのか、本当に疑問です。自分にとって気に入らないものは成敗してやるという発想しか見えません。

⑤ 昭和天皇の写真を焼くのが芸術なのか!

 ここからここまでが芸術で、これを超えたら芸術じゃない、という線引き自体が難しいのではないでしょうか。
 「明らかに」というレベルであれば芸術じゃないということは言えますが、積極的に芸術性を否定する根拠は、結局のところ、昭和天皇の写真を焼くという不敬につながっていくのですから、根拠にはなり得ません。


⑥ 外国の元首だったらどうなのか、お前らなら共産圏の元首に対してそんなことをしたらたちどころにリコールだろ!

 後段は、どういった妄想なのかなと思いますが、外国の元首であろうと、まず表現の自由の範ちゅうであることは同じです。
 外国の国旗に対して侮辱を加える目的で毀損した場合には犯罪とされていますが、これも犯罪化すること自体、疑問があります。
 それが芸術になるのかどうかは、⑤と同じです。


⑦ はすみとしこ氏の伊藤詩織さんへの仕打ちも表現の自由というのか

 これ本気でこのように考えていたら、センスゼロです。
 これは昭和天皇と比較したいんでしょうかね。それにしても全くのナンセンス。
 個人の名誉(人格権)と対立する場合、その調整が行われ、表現の自由の範ちゅうではないとされることがあります。
 伊藤詩織さんへの仕打ちは、枕営業だとか侮辱のオンパレード。断罪されるべきでしょう。
 これにひきかえ天皇は公人の立場であり、憲法上、日本の象徴であるとされた天皇であれば、その地位に基づき、批判のあり方は多様であり、広くなるのは当然のことです。こうした右翼(ネトウヨ)にとっては、天皇の方が一民間人よりも上であり、なおさら許されないという発想なんでしょうが、話になりません。

あわせて読みたい

「大村秀章」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  9. 9

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  10. 10

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。