記事

権利侵害が明白でも、発信者を特定できないという現実

1/2

弁護士の最所です。

自由民主党の平井卓也議員が、YouTubeで、「インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の対策PT」の提言の内容について、ご説明されておられましたので、私の率直な感想を述べさせて頂きます。

インターネット誹謗中傷・人権侵害等の対策PT_20200610

インターネット上の誹謗中傷の問題に、議員の皆様が真剣に取り組んで頂いていることに対して、被害者の立場から誹謗中傷の問題に取り組んでいる弁護士の立場として、心から感謝致します。

ただ、今後、最終的な提言内容がどのようなものとなって、その後、必要な見直しがなされていくのかについては、しっかりと注視していかなければならないと思っています。

とはいえ、議論して頂くにしても、現状の最大の問題がどこにあるのかについては、議員の皆様にも、適切にご理解頂く必要があります。

現状の最大の問題は、なによりもまず、

 現状では、いかに権利侵害が明確であったとしても(裁判所が、権利侵害が明らかであると判断したとしても)、発信者が特定できない場合がある

という点です。

 まずは、法律上の問題。

プロバイダ責任制限法第4条1項では、開示の対象が「当該権利の侵害に係る発信者情報」とされています。この部分を厳格に解釈すると、権利侵害がなされた時の発信者情報、具体的には、名誉毀損表現やプライバシー権侵害に関する情報を投稿した際のIPアドレス、タイムスタンプのみしか開示の対象にはならないことになります。

投稿した際のIPアドレスやタイムスタンプを保有していれば良いのですが、海外のSNS事業者は、そもそも、それらの情報を取得していませんので(保有しているのはログインした際のIPアドレス、タイムスタンプです。)、法律を厳格に解釈すると、発信者の特定は不可能となります。

また、プロバイダによっては、自らが「当該開示関係役務提供者」に該当しない、具体的には、自らは、名誉毀損表現やプライバシー権侵害に関する情報を投稿した際に利用されたプロバイダではないと主張してくることもあります。

これが、いわゆる「ログインIP」の問題です。

法律が厳格に解釈されると、その投稿が名誉毀損表現やプライバシー権侵害であることが明白であると裁判所が判断したとしても、法律上開示が否定されることになります。

ログインするためには、ID、パスワードが必要ですから、常識的に考えれば、ログインした者=発信者と考えても、問題はないはずですが、この点については、プロバイダ側は、徹底的に争ってきます。

 そして、次は、物理的な問題。

 現在、IPアドレスは絶対的に不足しています。そのため、特に携帯電話等の通信事業者は、同一のIPアドレスを極めて短時間毎に細かく割り当てるという方法をとっています。そのため、投稿日時が判明したとしても、秒単位での時間幅では、投稿者を1人に特定することができないとして、それだけでは開示が拒否されます。そのため、投稿者を特定する為に、別途、接続先URL等が必要となるのですが、これにも様々な問題があり、物理的に特定が不可能なケースが現実には存在しています

 ようするに、

 権利侵害が明白であった場合に、発信者を特定できない。

 この問題を、まずは解決しないと、いくら開示しやすくするとか、刑事罰を重くするといった点について議論されても、あまり実効性はありません。

 電話番号の点もそうです。電話番号の開示が認められれば、1回の手続で発信者を特定することができるようになりますが、多くの場合、外国法人に対する通常訴訟を起こす必要があります。通常訴訟の場合、送達の問題が絡んできますので、この問題を抜本的に解決するためには、民事訴訟法の改正が必要です。仮に、仮処分命令申立手続を利用する形で、開示が認められれば良いのですが、保全の必要性が認められないとして、たとえ、電話番号が開示対象となったとしても、仮処分命令手続では開示されることはないでしょう。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  8. 8

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  9. 9

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

  10. 10

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。