記事

明太子業界がコロナでピンチ、「ギフト依存から脱却」が課題

直営店の相次ぐ閉鎖で明太子業界に打撃。写真は山口油屋福太郎の辛子明太子

山口油屋福太郎の『手作り明太子キット』

山口油屋福太郎の『めんべいチップス』

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されて半月あまり、「新しい生活様式」を取り入れつつ、徐々に街も人も日常を取り戻しつつある。しかし、最近まで感染者数が増加傾向にあり、5月末にクラスターも発生した福岡県では依然コロナへの警戒感が強く、他県に比べて回復が遅れている。土産物需要が大幅に減って打撃を受けている博多名物・辛子明太子業界を取材した。

【写真】お家でオリジナル明太子が作れる『明太子手作りキット』が登場

 かば田食品は、福岡県を中心に47店舗を展開する、従業員数約400名の老舗企業。ギフトや土産物用の辛子明太子が主力だ。代表取締役の椛田稔久さんが話す。

「大正10年の創業以来、これまでに経験したことがないほど悪い状況です。4月は前年同月比で30%減、5月も同20%減に落ち込みました。直近6月の売り上げは同12%減と少しずつ戻ってきてはいるものの、回復には至っていません」(椛田さん・以下同)

 緊急事態宣言が発令された4月から5月下旬までの約2か月間、主な卸先である駅や空港、高速道路のサービスエリア、百貨店などが閉鎖され、影響をもろに受けたという。

「特に弊社の場合、ギフト用、お土産用の比率が高く、例年なら稼ぎ時の春休みと5月の連休商戦は惨憺たるものでした。インターネット販売は好調で、東京や大阪からの注文は増えましたが、それでも直営店の売り上げの減少を補うほどには至りません」

 緊急事態宣言が解除されて店を再開しても、不振は続く。

「本当は一人でも多くのお客さまに来ていただきたいのですが、店が混まないようチラシなどの販促は控え、価格訴求も抑えています。値引きを抑えたからといって利益率が上がるかといえば、とんでもない。お客さま自体が激減しているので、売り上げ減には変わりありません。7月以降のお中元商戦で直営店の売り上げが伸びないと、今後かなり厳しい」

 同様に、福岡を中心に東京や大阪など8つの直営店を構え、百貨店や主要駅、空港の売店に商品を卸している福さ屋も苦戦を強いられている。同社の業務部長が内情を明かす。

「売り上げは非常に悪く、目下、持続化給付金の申請をしているほどです。売り上げも前年比で、4月は43%減、5月は52%減と4~5割減っています。今までどんなに悪くても1割を下回ったことはなく、リーマンショックや東日本大震災のときより酷い。創業以来の大赤字です」(福さ屋の業務部長・以下同)

 理由はやはり、緊急事態宣言を受けて、駅や空港の直営店を完全休業したこと。

「弊社の場合、一般家庭用よりも土産品が主力で、県外からのお客さまにも多く買って頂いているものですから、人の流れが途絶えたことで、同じ明太子業界のなかでも影響は特に大きかったと思います。現在、店は再開しましたが回復の見込みは厳しいままです」

◆土産品から自家消費へ「路線」変更

 明太子味のおせんべい「めんべい」シリーズで知られる山口油屋福太郎は、大きな打撃を受けながらも積極的に対策を図る。

「弊社の主な取り扱いは、業務用食品卸と、明太子やめんべいをはじめとした土産品。特に後者は、駅や空港などの土産品売り場で展開しているため、4月の売り上げは昨年比7割減と大きな痛手を負いました」(山口油屋福太郎企画室・以下同)

 だが同社は、巣ごもり需要を見越し、新商品開発をいち早く始めていた。

「自粛ムードが高まりつつあった3月から、お家で楽しめる商品の開発を急ピッチで始めました。一つは、明太子に色んな味をトッピングして、オリジナル明太子を作れる『手作り明太子キット』。もう一つは、『めんべい』と相性の良いカラーチョコ・ピーナッツをミックスした、自宅で食べやすいポケットサイズの『めんべいチップス』。これまでの土産品路線から、自家消費へと転換する必要があると感じました。おかげさまで、6月1日の発売以降、好評を頂いています」

 インターネット販売でも、4月から『ファイト!JAPAN企画』として、賞味期限が迫った商品や通常販売していない商品などをお得な価格で販売し、これも大反響となった。しかしそれでも、売り上げ減少をカバーするには程遠いという。

「この状況からどう巻き返していくか。今後は、土産商品だけでなく日常的に食べられる商品を展開したり、販路も土産品売り場に限らず、スーパーやコンビニなどに広げたり、新しい形を模索する必要があるでしょう。新しい商品の開発についても今動き出しています」

 同社のように、今回のコロナ禍を大きな“転換点”と捉える企業は少なくない。ある明太子製造販売会社役員はこう話す。

「これまで明太子業界の売り上げは、駅や空港でのお土産品や、お中元・お歳暮を中心とするギフトに依存していました。しかし昨今、お中元やお歳暮を贈る習慣は年々減っており、業界ではギフト依存からの脱却が課題として意識されつつありました。そんな中で起きた今回のコロナ・ショックで、今後は多くの明太子メーカーが方向転換に本腰を入れざるを得なくなるでしょう」

 コロナで苦境に立たされているのはどこの企業も同じだ。コロナ不況が深刻さを増す今、ピンチをチャンスに変える前向きな姿勢が求められている。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  10. 10

    正恩氏の動向を報道中に北で停電

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。