記事

混乱の大学入試 早稲田、上智、立教など選抜方式が超複雑化

2/2

 さらに、来年の入試改革以上に影響しそうなのがコロナ禍だ。受験生の多くは3か月近く授業を受けていない。オンライン授業を行っている学校もあるが、これも学校によって異なり、学校間格差が広がっている。このままでいけば、浪人生有利になりそうだ。また、この間、一人暮らしの学生への保護者の不安も大きかったため、来年入試では地元志向が強まる可能性は高い。

 新型コロナの感染拡大によって、世界的に経済活動に陰りが見られている。そうなると、就職動向が志望校選びにも多大な影響を与えそうだ。ここ数年、売り手市場になり、好調だった企業の採用は減少に転じると見られている。

 そうなると、まず採用が減るのが事務系だ。過去のバブル経済の崩壊、リーマン・ショック後と同様に、就職率の高い理系人気が高まる。今年と同じように理系学部の人気が高く、文系学部の人気が低い“理高文低”の傾向は一層強まりそうだ。

 理系の中でも、来年は情報系の人気がさらに高まるのではないだろうか。AI、IoT、ビッグデータのビジネスへの活用など、情報系はこのところ人気になってきた。

 コロナ禍によって企業においてはテレワークが推奨され、自宅で仕事ができる、会議ができるなどの環境整備が進んだ。大学でも今年の前期はオンライン授業が当たり前になり、環境整備を急いだ。このことでも関心が高まり、来年入試では情報系人気がさらに高まりそうだ。

 さらに、通例であれば就職に強い、資格が取得できる医療系の人気も高まるだろう。人材が不足しがちで、国家資格と結びついて人気は高い。しかし、新型コロナウィルスの猛威により、医療従事者への院内感染が多数報告されたため、医療系への志望に二の足を踏む受験生が出てくることも予測される。医療系の動向は、まだまだ不透明だ。

 また、現在、留学や海外研修にも行けない学生が多い中、グローバル系学部の人気低下も予測されるため、逆に受験では狙い目になる可能性が高い。

 いずれにせよ、大学入試改革とコロナのダブルショックで混乱必至の来年入試。文部科学省は6月中に「大学入学者選抜実施要項」を示す方針だが、今のところ学校推薦型選抜、総合型選抜の日程が後ろ倒しになりそうで、試験にオンラインを活用する可能性もある。

 一般選抜でも、模擬試験が実施されておらず、「自分の偏差値が分からない」「志望校の合格可能性が分からない」「志望校の情報が不足している」といった受験生の不安が広がっている。不確定要素の多い来年入試だが、こういう時こそ様々な状況変化に惑わされず、「本当に入りたい大学・学部選び」を心掛けてほしいものだ。

●文/安田賢治(大学通信常務取締役)

あわせて読みたい

「大学入試」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。