記事

ユーロ圏鉱工業生産、4月は落ち込み最大 経済再開で回復へ


[ブリュッセル 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した4月のユーロ圏の鉱工業生産指数は前月比17.1%低下、前年比28.0%低下と、1991年の統計開始以来、最大の落ち込みを記録した。

新型コロナウイルス対策で導入されたロックダウン(都市封鎖)で経済活動が停滞した。

ロイターがまとめた市場予想は、前月比20.0%低下、前年比29.5%低下だった。

モルガン・スタンレーのエコノミスト、ジェイコブ・ネル氏は「鉱工業生産は2月を73%下回り、今回の危機の底だ。5月は力強く回復するはずだが、その後回復ペースは不透明だ」と述べた。

最も落ち込みが激しかった分野は耐久消費財で、前月比28.9%減、前年比47.7%減。資本財は前月比26.6%減、前年比40.9%減だった。

国別では、経済規模が最も大きいドイツが前年比30.2%減。2位のフランスと3位のイタリアも、それぞれ34.9%減、42.5%減だった。4位のスペインは34.3%減。

最も落ち込みが激しかった国はルクセンブルクで43.9%減。

一方、アイルランドは5.5%増と、EU加盟27カ国で唯一、前年比で生産が増加した。

INGのエコノミスト、バート・コリジン氏は「新たな貿易戦争やブレグジットなどのくすぶり続ける懸念が今後数カ月の回復にとってリスクとなる。生産が2020年初めの水準に回復するまで長い道のりになりそうだ」と述べた上で、最近、ロックダウンが緩和されていることから、4月が底との見方を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。