記事

バークレイズ、今年の原油価格見通しを上方修正 緩やかな回復予想


[12日 ロイター] - 英銀大手バークレイズは12日、2020年原油価格の見通しを1バレル当たり4ドル上方修正した。今年下半期に予想される供給不足が従来よりも大幅になるとの見込みを踏まえた。ただ、価格の回復ペースは短期的に緩やかになるとした。

北海ブレント<LCOc1>と米WTI<CLc1>の価格見通しはそれぞれ、1バレル=41ドルと同37ドルに引き上げた。第3・四半期については北海ブレントの平均価格が37ドル、米WTIが34ドルと予想した。

バークレイズは調査ノートで「市場の基礎的条件が変化するペースは著しく鈍る可能性が高い。行動制限の緩和よりも消費者の行動が需要の緩やかな改善を大きく左右する要因になるとみられるからだ」とした。

原油価格は今週急落し、北海ブレントは現時点で週初から約11%、WTIは10%強、それぞれ下げている。7週間ぶりの下落となる見通しだ。

バークレイズはゴールドマン・サックス<GS.N>など他の金融大手と同様、これまでの原油価格の戻りはあまりにも急激だったと指摘。

「われわれの見方では、価格回復ペースは鈍る可能性が大きい」とし、供給の大幅減と需要の急回復はともにピークを越えたとみられるとの見解を示した。

原油先物は週初に、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が現行水準での協調減産を7月末まで延長することで合意したのを受け、3カ月ぶりの高値を付けていた。[nL4N2DL09K]

需要に関するデータやOPECプラスの減産継続といった最近の前向きな動きを受けて、2020年下半期に推定される供給不足は日量約100万バレル拡大する公算が大きいとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  8. 8

    YouTubeで激変 芸能人第二の人生

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

  10. 10

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。