記事

バークレイズ、今年の原油価格見通しを上方修正 緩やかな回復予想


[12日 ロイター] - 英銀大手バークレイズは12日、2020年原油価格の見通しを1バレル当たり4ドル上方修正した。今年下半期に予想される供給不足が従来よりも大幅になるとの見込みを踏まえた。ただ、価格の回復ペースは短期的に緩やかになるとした。

北海ブレント<LCOc1>と米WTI<CLc1>の価格見通しはそれぞれ、1バレル=41ドルと同37ドルに引き上げた。第3・四半期については北海ブレントの平均価格が37ドル、米WTIが34ドルと予想した。

バークレイズは調査ノートで「市場の基礎的条件が変化するペースは著しく鈍る可能性が高い。行動制限の緩和よりも消費者の行動が需要の緩やかな改善を大きく左右する要因になるとみられるからだ」とした。

原油価格は今週急落し、北海ブレントは現時点で週初から約11%、WTIは10%強、それぞれ下げている。7週間ぶりの下落となる見通しだ。

バークレイズはゴールドマン・サックス<GS.N>など他の金融大手と同様、これまでの原油価格の戻りはあまりにも急激だったと指摘。

「われわれの見方では、価格回復ペースは鈍る可能性が大きい」とし、供給の大幅減と需要の急回復はともにピークを越えたとみられるとの見解を示した。

原油先物は週初に、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が現行水準での協調減産を7月末まで延長することで合意したのを受け、3カ月ぶりの高値を付けていた。[nL4N2DL09K]

需要に関するデータやOPECプラスの減産継続といった最近の前向きな動きを受けて、2020年下半期に推定される供給不足は日量約100万バレル拡大する公算が大きいとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  5. 5

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  10. 10

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。