記事

米国で高まるチャイナ不満…香港問題で中国は、アメリカに「絶対勝てない」

1/2

バイデンも意外と中国に強硬的だった

日本での米国論評ではドナルド・トランプ大統領がジョー・バイデン元副大統領に対して中国に対して強面の対応を行うとする向きが多い。また、万が一バイデンがトランプに勝利した場合、親中的な外交安全保障方針に転換する可能性を恐れる声も少なくない。多くの日本人有識者がバラク・オバマまでの歴代大統領と比べて、トランプ大統領の中国に対する言動の厳しさから、そのような印象を持つことは自然なことだろう。

2018年6月2日、2020年の大統領選挙のトランプ陣営のキャンペーン。ジョージア州、ヘレンにて
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/BluIz60

しかし、米国の政治的プレーヤーの対中姿勢は大きく転換しつつあり、バイデンが中国に対して弱腰であるとする見方は必ずしも正しいものとは言えなくなっている。

現在、中国に対してトランプとバイデンのどちらが強硬なのか、これは2020年大統領選挙のテーマの1つとなっている。そして、共和党側・民主党側ともに相手に対して一歩も引かない姿勢を打ち出している。

米国大統領選挙では、CMが選挙キャンペーン上重要な意味を持つ。特に自陣営のポジティブな要素を伝える宣伝だけでなく、相手陣営のネガティブな要素を強調する広告は極めて有効なツールとして活用されている。いわゆるネガティブキャンペーンである。

バイデンはトランプの中国擁護発言にチクリ

トランプ陣営の選挙キャンペーン団体であるAmerica First Action Super PACはバイデンの過去の40年間の親中的な発言を取り上げた“Forty Years."というCMを開始、バイデンの親中姿勢を徹底的に批判している。バイデンは動画の中で「中国の台頭は望ましい発展だ」と明言した過去の発言がバッチリと引用されている。

ところが、その親中姿勢で批判されているバイデン陣営もトランプの中国擁護発言をやり玉に挙げた広告を投入し始めている。動画内ではトランプが、新型コロナウイルスが蔓延している状況の中で、中国の対応を称賛するコメントや米国を蔑ろにした中国への救援物資の提供などの事実が何度も引用されている。そして、中国に対して米国の調査団派遣などの強硬な対応を主張してきたのはバイデンだ、とされている。

「自分のほうが中国に対して強硬だ」

メディアの取材に対し、バイデン陣営の上級顧問を務めるジェイク・サリバン氏は下記のように回答している。

「2つのことを行うつもりだ。それはトランプ氏の中国へのアプローチにおける壊滅的な一連の失敗の責任と、厳しい主張と弱い行動の間の巨大なギャップを説明することだ」

つまり、トランプもバイデンも相手の対中姿勢を批判し「自分のほうが中国に対して強硬だ」と主張し合う選挙戦の展開となっているのだ。この背景には米国民の中国に対する感情の著しい悪化がある。トランプ・バイデンの双方にとって中国に対する反中ナショナリズムの波にうまく乗ることは選挙戦を左右する重要な要素なのだ。したがって、トランプだけでなくバイデンも今後更に強固な反中発言を繰り返すことは容易に予想される。

軍事大国化しつつある中国は、米国の覇権を脅かす存在に

そして、米国の反中姿勢は共和党・民主党の双方のコンセンサスに基づくものだと見るべきだ。

一昔前まで米中関係は共和党・民主党のいずれであっても良好なものだったと言えるだろう。1980~2000年代初頭は当時世界第2の大国であった日本に対して東アジア内の対抗勢力を育てる意図も含みつつ、米国人の誰もが豊富な労働力や魅力的な国内市場の誘惑に誘惑されていた。ジョージ・ブッシュ(父)、ビル・クリントン、ジョージ・ブッシュ(子)、そしてオバマ政権の前半期までは党派に関係なく中国を露骨に敵対視する政治家は少なかった。

しかし、2020年現在、経済成長を遂げて軍事大国化しつつある中国は、米国の覇権を脅かす存在となっている。従来指摘されていた中国の知的財産権の窃盗や不公正な貿易慣行が問題視されただけでなく、国家安全保障上の最も重要な脅威の1つとして中国が明確に定義された。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  9. 9

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  10. 10

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。