記事

経験に裏打ちされた言葉と自信。「強い候補」で闘いに挑める誇りと興奮

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日はほぼ終日、都知事選の推薦予定者として発表した小野たいすけさんと行動をともにし、多くの人をご紹介して意見交換を行いました。

まずはなんといっても豊洲市場!水先案内人は、築地市場移転問題の頃からお世話になっている生田よしかつさんです。

市場を巡った後は、お寿司屋さんで対談。早くもその様子がアップされているので、ぜひ御覧くださいませ!

間にもう一方、スペシャルな先生方と対談し(こちらは動画が公開され次第、またご紹介)、そして最後は…

都知事選挙を巡って渦中の人である、ホリエモンこと堀江貴文さんとのYouTube収録でフィニッシュ!!

都政・都知事選に関する「あれやこれや」で大盛りあがりとなりましたが、その詳細は楽しみにお待ち下さい^^

それにしても一緒に行動をともにし、膝詰めて立場の異なる様々な人たちと議論している姿をみて心底感じるのは、小野たいすけさんは本当に「強い」候補になるだろうということです。

「強い」というのは、知名度や組織があって選挙に強いという意味合いではありません。

政策が語れて、自信をもって有権者にお薦めできる「芯の強さ」のようなものがある、ということです。

今日、小野たいすけさんに紹介した方々は、どなたも業界では論客として知られた方々りで、鋭いツッコミを受けたらどうなってしまうだろうかと心配していたのですが、それは完全な杞憂でした。

おそらく天性のものである頭の回転の速さに加えて、熊本県政で確かに裏打ちされた経験。

どんな政策テーマでも

「確かに熊本県政でも◯年前に…」
「一般的な行政の考え方からすると…」

と切り返し、骨太な政策論にもっていく。「都政には詳しくない」と言いながら、明らかに現職知事にも見劣りしないほどの知識と持論をもっています

大小様々な選挙を経験してきましたが、決して「強い」候補で戦える選挙りでは(残念ながら)ありません。

「議論・演説は苦手だから、なるべく露出は少なめにしよう」

なんて戦略を練らざるを得ない選挙戦も中にはあります(そういう方にもまた別の良さはあるのですが…)。

そうした中で、「強い」候補で挑める闘いが、なんと誇らしく、また嬉しいことか。

まだほとんどの都民には政策はおろか名前すら知られていない状態からのスタートですが、議論を交わせば交わすほど、マイクを握れば握るほど支持が広がる方だと確信をしています。

本当に限られた時間になりますが、この小野さんの魅力と「強さ」を一人でも多くの都民に伝えられるよう、全力で駆け抜けていきます。

小野たいすけHP
https://ono-taisuke.info/

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「都知事選2020」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。