記事

横田滋さん、外務省に「命をこんなに軽く扱うのか」と激怒

横田めぐみさんの拉致から40年。記者会見する滋さん(右)と早紀江さん(2017年11月15日、神奈川県川崎市、写真/時事通信社)

9日の会見では滋さんへの思いや、即時一時帰国を求め続けることを語った(撮影/関谷知幸)

 振り返れば、人生の半分を拉致との闘いに捧げていた。1977年に北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親の横田滋さんが、6月5日に亡くなった。だが、87年間の生涯は決して怒りと憎しみに埋もれた人生ではなく、妻の早紀江さん(84才)と共に歩んだ笑顔と慈愛に溢れた人生だった。

【写真】夫・滋さんへの思いを語る横田早紀江さん

 1977年11月14日。「これからはおしゃれに気を使ってね」と話すめぐみさんから、べっ甲製の櫛をプレゼントされた。その日は滋さんの45才の誕生日。娘の成長に目を細めながら、その日の夜はいつもよりもビールが進んだ。

 翌15日。“その日”は突然訪れる。中学1年生のめぐみさんは、バドミントン部の部活を終えると帰路につく。時刻は18時半。秋の陽は落ちるのが早い。友達とおしゃべりをしながら校門を出て、手を振って別れ、自宅まであと50m。叫べば家族に声が届きそうなその距離で、最後の角を曲がれずに北朝鮮の工作員に拉致された。この日から43年間、両親は娘の帰りを待ち続けてきた。

 当初、警察は国内の誘拐事件として捜査を進めた。

「滋さんも必死に捜しました。美術展で女性が描かれた絵にめぐみさんの面影を感じ、『このモデルはめぐみでは』と作者を訪ねていったこともあったほどです」(社会部記者)

 1997年に北朝鮮による拉致の可能性が浮上し、拉致被害者の「家族会」を立ち上げて滋さんが代表となった。以後、滋さんは拉致被害者家族のシンボルとして東奔西走した。

「滋さんのスケジュール帳は常に真っ黒でした。『5分でもいいから』と、全国どこへでも出かけていって、拉致の実態を語るようになったからです。その回数は1400回を超えています」(北朝鮮による拉致被害者を救う会会長の西岡力氏)

 2002年に、小泉純一郎首相(当時)が初訪朝。北朝鮮側は13人の拉致の事実を認めるも、めぐみさんについてはすでに死亡していると通告。北朝鮮側は“遺骨”まで提出してきたが、後に死亡診断書は偽造されたものだと認め、遺骨はDNA鑑定で別人のものと判断された。しかしいまに至るまで、めぐみさんの帰国への動きはない。

 普通に考えれば、怒りと哀しみに感情が支配されるような状況だが、滋さんは、努めて明るく振る舞った。

 2002年10月、拉致被害者のうち、曽我ひとみさんら5人が日本に帰国した。羽田空港に到着したチャーター機から降りてくる中にめぐみさんの姿はない。それでも、滋さんはカメラマン役を自ら買って出て、一人ひとりに「おかえりなさい」と笑顔で声をかけてシャッターを切った。

 記者会見では常に髪をきれいに整え、はにかんだような柔和な笑顔と穏やかな語り口を忘れることはなかった。

「そんな温厚な滋さんが、激しく怒りを露わにしたのは、“あのとき”くらいですよ」

 と、前出の西岡氏は言う。あのときとは、2002年、日本側の担当者が「めぐみさんは死亡しました」と伝えてきたときのことだ。

「滋さんが外務省を問い詰めると、日本側で充分な確認作業はしておらず、北朝鮮側の言葉をうのみにしただけとわかったんです。滋さんは『人の命をこんなに軽く扱うのか』と、激怒していました」(前出・西岡氏)

 その際、会見場でも滋さんは感情的になり、嗚咽を漏らし何度も言葉に詰まった。そうしたとき、そばには常に妻の早紀江さんがいた。「私まで泣いてしまっては、めぐみがかわいそう」と、滋さんの代わりにマイクを握り、「まだ生きていることを信じ続けて、闘っていきます」と毅然と宣言したのだった。

 別人の遺骨が送られてきたときには北朝鮮への経済制裁を求め、滋さんは国会前で3日間の座り込みを行っている。そのときにも、隣には早紀江さんがいた。

 夫婦を40年にわたり支え続けてきた斉藤眞紀子さん(83才)が語る。

「よき時代のご夫妻なんです。直接口では言わないけど、お互いを想い合っていてね。6月8日の滋さんの葬儀の場でも『お父さんがめぐみの弟2人を立派に育ててくれた』と感謝していました。滋さんも生前、『めぐみを捜しながらも手作りの料理を作って息子たちに食事をさせてくれて。本当に(妻には)感謝している』と私に教えてくれてね。同じことを感謝し合っているなんて素敵でしょう。口数は少なくて、でも笑顔を絶やさない几帳面な滋さんと、明るくて気丈で手先が器用な早紀江さん。本当に品のよいご夫妻でした」

※女性セブン2020年6月25日号

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  6. 6

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  10. 10

    トランプ退場で強行? イラン暗殺

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。