記事

米卸売物価、5月は0.4%上昇 食肉価格高が押し上げ


[ワシントン 11日 ロイター] - 米労働省が11日発表した5月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.4%上昇した。食肉価格の上昇が主な押し上げ要因となり、予想の0.1%を上回って上昇。ただ、卸売物価の基調的なトレンドはなお低調となっている。

4月は1.3%下落し、2009年12月以降で最大の下落率を記録していた。5月は前年比では0.8%下落。エコノミスト予想の1.2%ほどは下落しなかった。4月は1.2%と、15年11月以来の大幅下落となっていた。

変動の激しい食品、エネルギー、貿易サービスを除いたコア指数は0.1%上昇。4月は0.9%下落し、13年9月以降で最大の下落となっていた。コア指数は前年比では0.4%下落。13年8月以来最大の下落となった。

連邦準備理事会(FRB)が物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は4月に前年比1.0%上昇と、10年12月以降で最低の伸びだった。5月のコアPCE価格指数は今月下旬に発表される。

5月は食品が6.0%上昇。食肉価格が40.4%上昇したことで押し上げられ、モノの価格上昇(1.6%)の約3分の2に相当した。

FHNフィナンシャルのチーフエコノミスト、クリス・ロー氏は「食品価格の上昇は懸念要因だ。新型コロナに関連する生産面の問題を反映しており、経済に波及するまで数カ月かかる可能性がある」と指摘。今後数カ月は物価上昇が続くかもしれないと述べた。

エネルギーは4.5%上昇。4月は19.0%下落していた。ガソリンは43.9%上昇と、前月の56.6%下落から大きく反転した。

サービスは0.2%下落。輸送・倉庫サービスは1.5%上昇した。医療保険サービスは0.5%上昇。ポートフォリオ管理は3.9%上昇し、4月の12.0%下落から反転した。医療保険サービスとポートフォリオ管理はコアPCE価格指数の算出に利用される。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  7. 7

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。