記事

ソフトバンクGの格付けに下方圧力、財務の健全性に疑問=S&P


[東京 11日 ロイター] - S&Pグローバル・レーティングは11日、ソフトバンクグループ<9984.T>の格付けについて下方圧力が続くとの見解を示した。3月の株価急落の最中に大型の自社株買いを発表したことで財務健全性に疑問が生じたと指摘、今後、株式相場の下落により同社の投資資産の価値が大きく低下した場合、格付けに見合う財務健全性を維持できなくなる可能性があるとしている。

ソフトバンクGは最大4.5兆円の資産売却計画を発表しており、S&Pは、売却が実現すれば信用力の低下は和らぐが「計画通りに資産売却を実行して負債の削減につなげられるかには依然大きな不確実性が残ることから、進ちょくに注目している」という。

S&PによるソフトバンクGの現在の長期格付けは「BB+」、アウトルックは「ネガティブ」。

あわせて読みたい

「ソフトバンク」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  6. 6

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。