記事

「岡村発言は本当だった」生活苦のキャバ嬢の風俗デビューが増えている

1/2

新型コロナウイルスの影響で生活苦に陥る人が増えている。このうち特に苦しいのがキャバクラなどのナイトビジネスで働いていた女性たちだ。ライターの富士弥勒氏は、「キャバ嬢が風俗店の面接に訪れる動きが目立っている。貯蓄のない女性たちが追い詰められつつある」という——。

飲食店などが並ぶ東京・歌舞伎町。政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道の5都道県で続いていた緊急事態宣言について、月末の期限を待たず解除した。=2020年5月25日、東京都新宿区
飲食店などが並ぶ東京・歌舞伎町。政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道の5都道県で続いていた緊急事態宣言について、月末の期限を待たず解除した。=2020年5月25日、東京都新宿区 - 写真=時事通信フォト

日給が途絶えると追いつめられるのはあっという間

緊急事態宣言に伴う「休業要請」によって、都市部のキャバクラや風俗店の多くが経営危機に直面しているのはご存じのとおりだ。

しかし、この状況が風俗業界、さらには売春市場に少なからぬ影響を与え始めていることはあまり認知されていないのでは?

いったい、どういうことなのか。順を追って説明していこう。

営業自粛により軒並み窮地に立たされているキャバクラだが、キャバ嬢個人に目を向けると、必ずしも全員がピンチに陥っているわけではない。

昼職、すなわち会社員などの一般的な仕事と掛け持ちをしているキャバ嬢は、経済的にも精神的にも比較的に余裕があるからだ。営業自粛を機に、昼職への転職を成功させたキャバ嬢も同様である。

一方、悲惨なのはキャバクラ1本で生活し、かつ、これまで貯金を怠ってきた人たちだ。

基本的に、「夜の仕事」では、給料の日払いが認められている店舗が多く、毎日現金が入ってくるという特徴がある。「働いたその日にお金が入ってくる」というシステムは魅力的だが、自分を律することができない人にとってはその日暮らしの生活に陥りやすい。

このパターンは日給がもらえなくなった途端に家賃やクレジットカードの請求などの支払いが滞り、経済的にあっけなく追い詰められてしまう。

さて、こうなると残された選択肢は多くはない。

マンションを引き払って実家に戻るか、太客(金払いのいい常連客)の愛人になるか、それとも風俗嬢へ転身するか。

キャバクラ上がりの風俗嬢はまったく稼げない

お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史は4月30日深夜放送のラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、「コロナが終息したら絶対面白いことがある。美人さんがお嬢(風俗嬢)をやります。短時間でお金を稼がないと苦しいですから。今はお金を貯めて踏ん張りましょう」という発言をして、謝罪に追い込まれた。

この発言はモラル的には問題があるかもしれないが、結果的には彼の推察に近い状況が生まれているといっていい。事実、筆者は、コロナの感染拡大を機に風俗店の面接に訪れるキャバ嬢が目立ち始めたとの話をあちこちで耳にしている。

ちなみにコロナ禍の最中、風俗店が次から次へと新人を採用するのにはワケがある。

ひとつは人件費の心配がない点。伝統的に多くの風俗店は風俗嬢への給料を歩合制にしているため、客がゼロならギャラを渡す必要がないのだ(ただし、客のつかない「待機時」でも時給を出す店もあるため、例外はある)。

さらに新人を多くデビューさせればそのぶんだけ、店の集客力もアップする。要するに、キャバ嬢の流入は、風俗店オーナーにとってはいいことづくめなのだ。

かくして風俗業界に移籍を果たしたキャバ嬢たちだが、これで生活は安泰かというと必ずしもそうはならない。

コロナ禍ではキャバ嬢のみならず、生活に困った一般女性も風俗業界の門をたたくため、客の取り合いが起きるからだ。客足そのものが減っているにもかかわらず。

くわえて、キャバクラ上がりの風俗嬢は、客ウケが悪いという傾向もある。一般的に清純そうな女性を好む風俗客にとって、化粧や服装がケバい元キャバ嬢はニーズに合わないのだ。キャバ嬢だったことのプライドを引きずるあまり、中途半端なサービスをしがちな点も不人気の原因だろう。

結果、彼女たちは、まったく稼げないという現実にぶち当たる。

また、風俗店の新人ラッシュは、もともと風俗嬢だった女性にも減収という形で影響が及ぶ。

指名客を多少でも持っている風俗嬢は店が休業していても裏引き(店を通さず客と個人的に会うこと)で生活を維持することも可能だが、指名客のつかない風俗嬢は困窮まっしぐらだ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  5. 5

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  6. 6

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。