記事
  • SmartFLASH
  • 2020年06月11日 07:23 (配信日時 06月11日 06:00)

米国の浜崎あゆみ、トランプ大統領に魂を売った「女の野心」

「英語がうまい『あゆ』にしか見えない」

「これ、絶対『アリーナ!』って叫んでるやろ」

 ネット界隈を、そうザワつかせている金髪美女がいる。米国大統領報道官のケイリー・マクナニー氏(32)だ。この女性、いったい何者?

「4月に任命された、トランプ政権4人めの報道官です。超名門のハーバード・ロー・スクール出身。コメンテーターを経て、2017年に共和党全国委員会の広報になっています。

 前任の報道官は、在任中に一度も会見を開かなかったが、彼女は積極的に会見に出てきて話題になっています。今回の黒人差別抗議デモにも、トランプ同様、強気な発言を連発しています」(全国紙記者)

 絵に描いたようなエリートコースを歩む、才女なのだ。

「コメンテーター時代には、大統領になる前のトランプに批判的でしたが、知人から『君は若くてブロンドで、ハーバード卒の肩書がある。トランプを支持したほうが、政治評論家として有利になる』と言われ、支持に転向。いまは報道官としての役割を忠実にこなし、政権内から高い評価を受けています」(同前)

 プライベートでは、2017年にメジャーリーガーと結婚、2019年に長女が誕生しているという。アメリカ政治に詳しいジャーナリストの堀田佳男氏は、マクナニー氏をこう評する。

「時代の最先端を歩くような野心家で、自分の野望はすべて手中に収めないと気がすまないタイプ。最終的には政治家、大統領をも見据えているのかもしれません」

 この先、どこまで “あゆ” めるか?

写真・AP/アフロ

(週刊FLASH 2020年6月23・30日号)

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。