記事

不調続きの雇用調整助成金に代わる「休業支援金」は国民を救えるか

総務省の調査で、4月の休業者が過去最多の597万人となった事が報道されました。

こうした休業者の収入を守るために、日本には雇用調整助成金という事業主が支払った休業手当等の一部を、国が助成する制度があります。

私はこの雇用調整助成金制度を、今国会でも、所属先の厚労委員会で繰り返し取り上げてきました。何度も取り上げた理由は、海外暮らしで多少の不便さには慣れていた私でさえ、これは国民にとって「あまりに」使いづらい制度だと感じたからです。

最初の問題は、膨大な量の申請用紙と手続きの複雑さでした。結果として、支給件数は伸び悩みました。

私のツイッターには、一万件を超える反応がありました>


厚労省は世論を受けて申請用紙を削減したようですが、今も社労士さんに頼まないと対応できない複雑さは変わらずです。プロに支払う手数料が、政府から助成される手当よりも多額のケースも報告されています。加えて、手当の先払いが原則なので、これは経営の苦しい事業主さんにはハードルの高い制度と言えます。

 

そして先週の金曜には、加藤厚労大臣が「絶対に今度は大丈夫」と言っていた2度目のシステムダウンがオンライン申請で起こり、個人の給与明細が流出する不備がありました。

これでは、従業員のために雇用調整助成金を申請しよう!と果敢に挑戦する事業主さんは、多くはないのではないでしょうか。

事業者が申請してくれないと助成されないのが雇用調整助成金です。こうした課題に対応するために、第二次補正予算では「休業支援金」の予算が組まれました。これまでの雇用調整助成金制度と異なるのは、働き手が「自分で」申請できるというものです。休業する前の賃金の80%が支給され、学生アルバイトも、外国人労働者も、要件に合えば支給対象になります。

しかし、喜ぶのはまだ早いと言えます。以下、私が法案審議の過程で感じてきた問題点をまとめます。

<現在も審議中の「失業支援金」の内容が含まれる法案資料>


まず、新しい休業支援金制度は、大企業の従業員が含まれません。理由は、大企業はまず雇用調整助成金を利用すべきだから、とのことです。中小企業基本法で定められた中小企業とは、サービス業で100人以下の従業員が働く会社、小売業で50人以下の従業員が働く会社となります。

これはかなり厳しい要件と言えます。今回休業となった大手ホテルの従業員や、休業したデパートのパートさんは利用できません。これは痛いのではないでしょうか。

また、この新しい休業支援金制度は、公的機関が含まれません。理由は、財源となる雇用勘定は、私企業とその従業員の積立金によって運営されているため、とのことです。

公立保育園で働く、非正規雇用の保育士さんの休業中の賃金未払いが問題になっていますが、公務員である彼らは、この制度を利用できません。この点を指摘した所、これは地方自治体の監督責任、との回答を得ました(それで納得する私でもありませんが)。

そして、この新しい休業支援金制度は、非正規雇用やパート・アルバイトの方々は対象になりますが、フリーランスの方々は対象になりません。理由は、労働者であることが前提となるからとのこと。フリーランスの方々は、小学校休業時の給付金でも、労働者の半分という厳しい日額上限が課せられてきました。

これだけ国が「多様な生き方」を奨励していながら、かなめの制度で支援対象にならない事実には、疑問を抱かずにはいられません。

加えて、この新しい休業支援金制度は4月1日まで遡って申請できますが、雇用契約でカバーされている期間だけが対象となります。すなわち、その日ごとに仕事が変わる日雇い労働者、登録型派遣で契約が切れた方々、すでに失業してしまった方々の期間は対象となりません。

現場で申請者の相談窓口を請け負う各労働局の能力は限界に達しており、新しい業務を請け負うために新たな人員を配置できるのかも懸念事項です。

昨日の衆議院厚生労働委員会で、加藤厚労大臣は「申請から二週間以内の支給を目指す」と答弁していましたが、「絶対に大丈夫」と言っていたオンライン申請が2度ダウンし、手続きの簡素化を掲げながらも、今も複雑な雇用調整助成金の申請プロセスを見ていると、基本的に楽観的な私も不安になります。

私たちは、上記の問題点に対処するため、議員立法で「新型コロナウイルス休業者・失業者支援法案」を提出しました。果たしてどちらが制度として優れているのか、引き続き現場の声を聞きながら、議論と検討を続けて参ります。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。