記事

ACTA、そしてこれから

承認されたものを、どうこう言っても手遅れではあるが、まずはこれが、あと5カ国の批准を得て発効するかどうかをウオッチしておくこと。

著作権侵害の非親告罪化や法定賠償金は、義務ではないとはいっても、それらしき条項が入っているので、ACTAを根拠に導入が図られないよう、気を付けなければならない。

非親告罪化、法定賠償金は本当に危ない。

ろくなフェアユース規定がない日本の著作権法にこれを被せてしまうと、法律の意味合いが根本から変わってしまう。

「文化の発展に寄与する」法律が、恐ろしい情報統制法に化けてしまう。

非親告罪化、法定賠償金導入の要求がTPPに入っていることは周知の通りである。

TPPがACTAと同様の秘密交渉で進められていることも。


ぼくたちは、ACTAを通して、いくつかのことを知り、経験した。

ネット世論は1ヶ月で盛り上がること。
でも、議論のスタートは、早ければ早いほどいいこと。
国内マスコミの情報だけでは、何が起きているかわからないこと(ネット情報だけに頼るのも困るけど)。
現政権が官僚のいいなりであること。
官僚は国会の場でも平然とウソをつくこと(ACTA交渉の過程は公開されていたなどと)。
国会議員は、わからないことに賛成してしまうこと。
ネット社会への関心を持った議員が、もっと必要なこと。
個々の社会問題に強い議員が必要なこと(→議員定数削減はよいことばかりではない)。
政党や政治家の民意分析能力が足りないこと。
議員の自由を奪う党議拘束が害悪をもたらすこと。

これらの経験をどう活かすか、TPPは目前に迫っている。

あわせて読みたい

「ACTA」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。