記事

平均年収320万円でワースト1位の沖縄県民が「幸福度日本一」であり続ける理由

1/2

収入の多寡と幸福度にはいかにも相関関係がありそうだ。しかし平均年収320万円で国内最下位の沖縄県の幸福度は日本一高い。慶應義塾大学大学院の前野隆司教授は「物事を楽観的に考えられる人は幸福を感じやすい。『なんくるないさー』という方言があるように、沖縄の特有の気質が影響しているのではないか」という——。

※本稿は、前野隆司『年収が増えるほど、幸せになれますか? お金と幸せの話』(河出書房新社)の一部を再編集したのものです。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Subajogu

年収が低いのに、なぜ沖縄県民は幸せなのか

幸福度は地域によっても異なります。では、「日本で一番幸せな都道府県」はどこだと思いますか? 私は以前、博報堂とともに「地域しあわせ風土調査」という大規模調査をおこなったことがあります。都道府県ごとの幸福度を測定し、高い順にランキング化してみたのです。

結果はご覧の通りです。ベストスリーは沖縄県、鹿児島県、熊本県。九州・沖縄地方の幸福度が高いことが判明しました。しかし、沖縄県の平均年収は320万円と、全国で最下位です。失業率も5パーセント近くと、やはり全国ワーストです。


なのに、「日本一幸せ」な沖縄県。この事実からも、必ずしも年収と幸せは比例しないといえそうです。年収が低く、失業率が高いにもかかわらず、なぜ沖縄県は「日本一幸せ」なのでしょうか。要因の一つとして挙げられるのは、「なんくるないさー」精神です。

「なんくるないさー」は沖縄の方言で、「なんとかなるさ」という意味。きわめて楽観的な県民性があるのです。多くの幸福学研究によって、楽観的な人、ものごとをポジティブにとらえることができる人ほど、幸福を感じやすいことが知られています。

私の研究でも、「なんとかなる」と思う人は幸福度が高いという結果が出ています。逆に、悲観的でネガティブな人ほど、幸福を感じにくい傾向があります。


東京を意識しすぎると幸福度が下がる

沖縄の「なんくるないさー」精神は、南国の島に特有の気質です。ハワイ、フィジー、パラオなどの南国の島にも、同じような楽観的な風土があります。理由の一つは、南国の島では命の危険が少ないからです。バナナやヤシといった食物がそこらじゅうに生えていますし、魚も豊富に捕れますから、飢えるリスクが小さいのです。

また、一年中暖かいので、家がなくても凍死することはありません。着るものもシャツと短パンがあれば大丈夫です。一生懸命に働かなくても、衣食住に困ることはありません。年収が低くても、失業率が高くても、さほど困らない。その余裕が、あっけらかんとした楽観的な風土をつくっているといえるでしょう。

一方、ワーストスリーは、群馬県、福島県、新潟県。北関東から東北南部にかけての幸福度が低いことがわかりました。その理由の一つは、東京に近いがゆえに、都会と比較してしまうことかもしれません。

少し足を延ばせば、東京という大都会がある。お店も、モノも、情報もたくさんあふれている。それに比べて、自分たちの街には何もないじゃないかと、つい卑下してしまうと幸福度は下がるのです。

他人と比較しないことは、幸せになるために非常に大切です。群馬には群馬のよさ、福島には福島のよさ、新潟には新潟のよさがあるのですから、そのよさに目を向ければ、幸福度は上昇するのではないかと思います。

年収3分の1でも「幸せは100倍」をつかんが元大企業社員

沖縄の幸福度が高いのは、東京から離れていることも関係していると思います。遠いがゆえに、東京と自分たちを比較しないですんでいる。しかも、沖縄じたいに他と比べようのない個性があります。「ウチナーンチュ」としてのアイデンティティがあります。

他人と比べないこと。自分に誇りを持つこと。その大切さが、「地域しあわせ風土調査」の結果に表れているように思います。

宮崎県の太平洋に面する小さな町、児湯郡新富町に「こゆ財団」という一般財団法人があります。旧観光協会を法人化して設立した「地域商社」で、特産品である一粒1000円のライチの販売・ブランディングや、地域の起業家育成などに取り組んでいます。

私はこゆ財団に招かれ、何度か起業家育成塾で講演をしたことがあります。あるとき、こゆ財団で、地域づくり協力隊員として働いている方がこんなことを言いました。「東京から移住して、年収が3分の1になりました」。そこで私は、「では、幸せは3分の1になりましたか?」と尋ねてみました。すると彼は笑ってこう答えました。

「いえ、幸せは100倍になりましたよ」

彼はもともと日本の大企業で活躍されていた方です。しかし、自分のスキルと経験を、地域経済の活性化に役立てようと決意されたそうです。そして今、宮崎県の田舎町で、「世界一チャレンジしやすいまち」をつくるべく奔走しているのです。

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  7. 7

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  8. 8

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。