記事

独、EV充電設備に5億ユーロを拠出へ 2030年に100万カ所目指す

[ベルリン 9日 ロイター] - ドイツ経済省は、景気対策の一環として電気自動車(EV)用インフラ拡張に拠出する25億ユーロのうち、超高速充電スタンドの建設に5億ユーロ(5億6700万ドル)を振り向ける方針。2人の政府筋が9日明らかにした。

民間によるEV保有の促進が目的。現在、独国内のEV普及率は0.6%にとどまっている。

現在は2万7730カ所ある公共のEV充電スタンドを、2030年までにおよそ100万カ所に増やす。

また、国内の充電池生産を支援するため、15億ユーロを拠出する考え。これは現在用意されている金額の倍以上に相当する。残りの5億ユーロは研究開発費に充当する。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。