記事

仏版ジョージ・フロイド事件とは

1/2
巡回するフランスの警察官。本文の内容とは関係ありません。 出典:Rog01

Ulala(ライター・ブロガー)

【まとめ】

・「ジョージ・フロイド事件」は仏「アダマ・トラオレ事件」と酷似。

・〝仏版フロイド事件〟で「仏に人種差別はない」の矛盾浮き彫りに。

・当初「警察の横暴」の論調のみ。米事件で「人種差別」の見方増幅。

米国で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件を受けて、人種差別に抗議するデモが世界中に広がった。フランスでも6日、「人種差別」と「警察の暴力」に対して抗議するために、パリ、ボルドー、ナント、リモージュ、ポワティエ、マルセイユ、リールなどフランス各地で、デモが開催されたのだ。

パリでは、一部の通行が閉鎖されるなど朝から厳重態勢が敷かれる中パリのコンコルド広場に3000人程度が集結し、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命が大事)」などのプラカードが掲げられた。デモでは、参加者はともに地面に片膝をつき「ジョージ・フロイドのための正義」「アダマ・トラオレのための正義」との声をあげる場面もみられた。

片膝をつくポーズは、かつてのアメリカで有色人種が、アメリカ合衆国市民(公民)として法律上、平等な地位を獲得することを目的としていた「公民権運動」時に行われていた抗議方法で、現在は人種差別反対の意思表示とされている。

パリ以外の各都市の抗議デモでも、警察によるとリヨン3400人、リールは1500人、ストラスブール3500人、ルーアン1500人、カーン1500人など、若者が中心となって集まり、リヨンなどの一部の都市では暴動化する場面もみられ、沈静化するために治安部隊により催涙ガスが使用された。

▲写真 米国での白人警官によるジョージ・フロイドさん致死事件をめぐってフランス各地でもデモが行われた。写真は事件があったミネアポリスの街角に描かれたフロイドさんの壁画(2020年5月31日) 出典: Lorir Shaull

「フランス版ジョージ・フロイド事件」と呼ばれるアダマ・トラオレ事件とは

6日に行われたデモは、アメリカで警官に押さえつけられ窒息死したジョージ・フロイドさんの事件を受けた人種差別反対のデモでもあるが、実は、フランスでは、2016年に亡くなった当時24歳のフランス人黒人男性アダマ・トラオレさんの死亡に対するデモでもある。

「フランス版ジョージ・フロイド事件」とも呼ばれるこの事件は、パリ北方のヴァル=ドアーズ県でおこった。アダマ・トラオレさんが警察の職務質問後に連行され死亡し、病死と発表された事件だ。しかしながら、この病死という診断結果に疑問を持った家族により依頼された他の専門家の診断によると、アダマ・トラオレさんの死因は、「窒息死」だという。ジョージ・フロイド事件と同じだ。

アダマ・トラオレさんの事件は、2016年7月19日夜に起こった。公式に発表された内容によれば、アダマ・トラオレさんは身分証を携行していなかったために職務質問の際に逃亡したが、身柄を拘束され手錠をかけられたのち警察署に移送される車内で意識を失った。警察署内に運ばれ、救急隊が治療を試みたが、トラオレさんの意識は戻らなかったという。警察は検視の結果、アダマ・トラオレさんが死亡時に重症感染症だったと発表。トラオレさんの感染症について「非常に重篤」で「複数の臓器に影響が及んでいた」ことが影響したとし、体にはいくつか暴行の跡が認められたものの、「著しい暴行を示すもの」ではないと結論付けた。

しかし、その後の調査によると、警察官らに行った調査の記録には取り押さえる時にアダマ・トラオレさんの体の上に3人の体の重みがかかっていたと記載されており、この時アダマ・トラオレさんは「息ができない」ともらしたという。3人に圧迫された状態で拘束され手錠をかけられたアダマ・トラオレさんは、なんとか一人で立ちあがったものの、その様子は困難そうであり、車にのって3~4分ほど移動したが車内ではすでに頭を前に倒し意識を失っていた。

意識を失ったアダマ・トラオレさんは警察署に運びこまれ、床に寝かされた。警察の証言では、横向き寝である安全な体勢の回復体位に寝かしたが、床に寝かされたまま嘔吐し、この時に車内で失禁していたことも分かった。それでもその時にはまだ息があったという。そこでなんらかの異常を察した警官により、17時46分に救急隊が呼ばれ、救急隊は18時少し前に到着。すぐさま最初の救命処置を実行し始めたが、その際、すでに呼吸していないことが確認された。その後救急車が呼ばれ1時間ほど心臓マッサージなどの救命処置が行われたものの、その手当のかいもなく19時5分に亡くなったのだ。死因は病死とされた。しかしながら、この2時間の間に何かがおきたのだ。家族はそう信じて疑わなかった。

家族やその友人たちは、アダマさんが完全な健康体だったと口々に語っている。検視の結果にまったく納得がいかなかった家族は専門家に頼んで診断してもらったところ、アダマさんは病気ではなく「窒息死」だと断定され、真実は、警察の発表とは異なることを確信した。しかし、警察側も再度診断した結果、再び病死であると発表し家族側の主張を否定している。

だが、事件から2カ月後に最初に到着した救急隊の証言が明らかになり、また状況が一変する。なんと救急隊が到着したときには、警察側が主張する安全な体勢である回復体位には寝かされてはいなかったというのだ。手錠をされたまま、うつぶせにされていたのだ。家族側の訴えは続く。訴えるためのデモも行ってきた。その結果、2020年5月20日に検察側がさらに死因の確認が行われることになったが、またもや以前と同様に病死と判断された。家族側もさらにセカンドオピニオンの専門家診断を依頼した。その診断結果では、「うつぶせにされていたことによる窒息死」であるとされたのだ。

そこで、6月2日に「アダマのための正義を訴える」デモを開催。「息ができない」と拘束時もらしたとされるアダマ・トラオレさんの言葉を掲げ、真実が知りたいと訴える。この日は少なくとも2万人が集まりパリ市内北東部の裁判所前に集結する大規模なものとなった。デモでは、ジョージ・フロイド事件がちょうど起こった後ということもあり、アメリカの事件に重ね警察の暴力、人種差別による警察の不当な扱いに対する抗議も行われた。そして、そこで盛り上がった熱気は6日のデモにも継続されていったのだ。

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  8. 8

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  9. 9

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  10. 10

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。