記事

給付金業務の受託団体、決算公告なしでも「契約に瑕疵ない」=梶山経産相

[東京 9日 ロイター] - 梶山弘志経済産業相は9日の閣議後会見で、持続化給付金事業の事務を委託した「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」が設立以来、決算公告をしていなかったものの、契約については「瑕疵がない」と述べた。

「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」は、設立した2016年度以来、決算公告を行っていなかった。梶山経産相は「法令に定められた開示がなされていなかったことは大変遺憾」としながらも、競争入札の参加要件や契約の審査対象にはなっていないことから「契約については瑕疵はない。契約は有効」と述べた。そのうえで、今後、経産省が契約をしていく中で、確認も重要になるとした。

持続化給付金には180万件超の申請があり、足元までに、120万件・1.6兆円の支払いを行ったことを明らかにした。持続化給付金をめぐっては、事務委託問題と同時に、給付の遅れが指摘されている。

(清水律子)

あわせて読みたい

「サービスデザイン推進協議会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  10. 10

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。