記事

withコロナの働き方は? メンタルヘルス相談件数4倍増、企業は従業員の「心」のケアを!

1/2
PexelsのАлександар Цветановиによる写真

緊急事態の終了。喜ばしいことだが、ようやく慣れた在宅勤務からまた勤務形態が変わることに、とまどう人もいる。出社や満員電車が怖いという人もいる。今、企業がするべきことは何か。働き方改革を推進する白河桃子が、企業のメンタルヘルス支援のピースマインド株式会社の荻原英人代表取締役社長と緊急対談をさせていただいた。

※対談は緊急事態解除宣言の翌日の5月26日、リモートで行われた。

悩みは一様ではない。自粛緩和で新しい不安の芽生えも

白河  今回、荻原さんに対談をお願いしたのは、withコロナの働き方を考えるうえで、心の問題を置き去りにしてはいけないと思ったからです。新型コロナにより日本中の人が、2つの初めての体験を強いられた。長期にわたる在宅勤務と、仕事と家事や子育てとの家庭内での両立です。働き方、暮らし方、両面にわたる、ものすごく大きな変化を経験したのです。在宅する社員も出勤する社員も、メンタル、ストレスの問題を抱えてもおかしくない状況です。

荻原  そうですね。当社は企業を対象にした従業員支援プログラムとして心理相談窓口を設けていますが、そこに寄せられた新型コロナ関連の相談数は、3月の緊急事態宣言前に比べ、宣言後は約4倍に増えました。

白河  4倍も…どのような相談が多いのでしょうか。

荻原  感染症対策のフェーズに応じて、相談内容の傾向に変化が見られました。2、3月時点では、感染そのものへの不安や、情報不足、今後の生活などに関する漠然とした不安が中心でした。宣言が出され外出自粛が徹底されるようになると、在宅勤務に関連する相談に中心が移りました。いちばん多いのが在宅勤務によるストレスです。上司や同僚とのコミュニケーションがとりにくい、子育てで思うような夫のサポートが得られないなど、より個別性の高い悩み、ストレスが聞かれるようになりました。

白河  御社はハラスメントや東日本大震災などの対応もしていますよね。新型コロナを災害ととらえ、災害発生後にたどる心理プロセスに当てはめて説明されています(図1) 。現在の首都圏は心理的にはどのフェイズなのでしょうか。


荻原  前例のない出来事に遭遇して混乱するショック期を経て、さまざまな問題や課題が表出する顕在期に移行するのですが、現在はこの顕在期の終盤くらいだといえそうです。

白河  次の幻滅期とは?

荻原  変化が収まりじょじょに回復に転じる時期です。ただし、回復のスピードは業種や職種によって大きな開きがあり、その格差が明らかになる時期でもあるので、適応の遅れから不安を抱く人も出てくると考えられます。またショック期や顕在期に「コロナを乗り越えよう!」とがんばってしまうと、たまっていた疲労がこの時期に表に出て、抑うつ感や無力感を覚えることも考えられます。

白河  自分も自分の友人たちも、おっしゃるような状況があると思います。特に弱者の支援で頑張っているNPO法人などの人もそろそろ疲れが出るかもしれません。

「元通り」ではなく、新しい働き方をつくるべき

白河  自粛が緩和されたからといって悩みがなくなるわけではなく、また次の悩みやストレスが出てくるわけですね。今、Twitterでは「出社鬱」「会社に行きたくない」などの呟きが見られます。全員が外出緩和を待ち構えていたわけではなく、「このままでいい」という、不思議な多幸感を持つ人も多いことが見て取れる。ところが企業の中には、「元の通り、全員出社でがんばろう」「早く遅れを取り戻そう!」と意気込んでいるところもあると聞きます。これでは取り残されたり不安を抱えたままになったりして、不調を覚える人も出てくるのではないか。自粛緩和の今こそ、危惧していました。

荻原  私もまさにそこが、今回の解除で経営者や管理職が気を付けるべきことだと思っています。ご指摘のように在宅ワークがストレスになる人もいれば、出社にストレスを感じる人もいる。先述のように、不安の中身も状況によって変わり、新しい環境への適応も人によって異なります。加えて、顕在期の終わりに来て、在宅勤務から通常勤務に戻るという、また新たな変化への対応に迫られています。一斉に勤務体制を戻すとか、急いで遅れを取り戻そうとすると、業務面でもメンタル面でも負荷が高まり、決していい結果を招きません。

白河  働き方を変えるだけでは、かえって生産性が落ちる可能性もあると思います。

荻原  いわゆる五月病と重なる点でも心配です。実は五月病といっても、例年、相談件数がピークを迎えるのは6月。4月に新しい環境に入り、1、2か月経って悩みが顕在化する傾向があるんです。ところが今年は年度初めが2か月遅れたようなもの。7、8月になって悩みが顕在化してくる可能性もあ る。その時期にはまだ新型コロナの環境変化は続いていると考えられます。夏に向けて、特にていねいな対応が必要となるフェーズを迎えると意識しておいたほうがいいでしょう。

白河  やはり拙速な一律対応は注意が必要ですね。人の心は一人ひとり違います。

荻原  はい。緊急事態宣言下の1か月余りの間、どの企業でもコミュニケーションや働き方に関し、さまざまな工夫をしたと思います。その工夫や経験を活用し、元に戻すというより、また新しい働き方をつくろうという構えで、ソフトランディングを目指すことが大切だと思いますね。

あわせて読みたい

「メンタルヘルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  9. 9

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  10. 10

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。