記事

会期末で国会を閉じる、には違和感あり

いよいよ明日から、新型コロナウイルス対策の第二次補正予算案の提案理由説明があり審議に入ります。

政府の新型コロナウイルス対策の、これまでの進め方についての是非はもちろんですが、対応策としての各予算項目、施策について厳しく問いただしていきます。

特に、10兆円の予備費、持続化給付金の事務委託の問題などにはかなり突っ込んだ議論をしなければならないし、安倍総理には国民が納得する説明を求めたいと思います。

一方で、政府与党側は補正予算案審議が終わったら、6月17日の会期末で国会を即座に閉じる構えです。

新型コロナウイルスの感染状況がどのように推移していくか、まだまだ予断を許さない中で、当然のごとく国会を閉じることには違和感があります。

政府の新型コロナウイルス対策の進捗を継続的にチェックするためにも、「国会を開け」という声をあげ続けていかなければなりません。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  6. 6

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  7. 7

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  10. 10

    サムスン依存する韓国の不安定さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。